【京都】手土産に。おしゃれなパッケージのスイーツがあるお店

開ける前から可愛い、パッケージにもこだわったおしゃれな見た目のスイーツを手土産にいかがでしょうか?見た目も味も満足して頂けます。

スポンサーリンク

UCHU wagashi

京都府京都市上京区猪熊通上立売下る藤木町786

伝統的な和菓子の概念を打ち破る斬新なオリジナル落雁。マカロンカラーの落雁、氷に見立てたミント味の琥珀糖に乗ったペンギン型の落雁・・・食べてしまうのがもったいないくらい可愛い。

京都お土産・甘栗和菓子の林万昌堂

京都府京都市下京区四条通寺町東入ル御旅宮本町3番地

伝統を守り、新しさも追求しつつ、徹底的に甘栗にこだわるお店。懐かしい甘栗に飽きたら、フリーズドライの甘栗をベルギーチョコで包んだ「チョコマロン」はいかが? パッケージは栗の形のキュートなボックス。

緑寿庵清水

京都府京都市左京区吉田泉殿町38番地の2

フルーツの味の他、ヨーグルト、コーヒー、ブランデー、チョコレートなど常識をくつがえすフレーバーの金平糖を味わえる。オリジナルの上質な磁器に詰められた商品は大切な人への贈り物に。

聖護院八ツ橋総本店

京都府京都市左京区聖護院山王町6番地

言わずと知れた京都土産の定番「聖護院八ッ橋」。中味のあんのフレーバーによって、季節によって、パッケージデザインが違うことに気づいていましたか? 今度京都に行ったら、パッケージも要チェック!

おたべ

京都府京都市南区国道十条西入ル北側

看板娘の「おたべちゃん」。座ってお辞儀するおなじみのおたべちゃんは4代目。そのおたべちゃんが立ってウィンクしています。缶入りのチョコ八ッ橋をチェックしてみよう!

いなりや

京都府京都市伏見区深草開土町2

伏見稲荷大社のお膝元で昭和初期から店を構える老舗。お稲荷さんで愛されるキツネのイラストが描かれたユーモラスなパッケージを開けると、中からキツネのお面のお煎餅が。伏見詣でのお土産に。

鶴屋吉信

京都府京都市上京区今出川通堀川西入

宮中の典礼菓子として献上する工芸菓子も手掛ける鶴屋吉信。その匠の技が織りなす四季折々の生菓子や干菓子は、繊細で典雅という言葉がぴったり。小さな和菓子の中に広がる雅な世界を味わいたい。

小倉山荘

京都府京都市左京区岡崎円勝寺町91番地グランドヒルズ岡崎新宮道

詰め合わせおかきが定番の「小倉山荘」。夏はいつもの詰め合わせ缶を涼しげな青い風呂敷に包んでくれます。百人一首のかるたの個包装のあられは子供にもお年寄りにも喜ばれそう。

甘春堂

京都府京都市東山区川端通正面大橋角

門外不出の銘菓「茶寿器」。抹茶茶碗の中に上品な干菓子・・・(?) 驚くなかれ、この抹茶茶碗、お菓子でできている! お薄をたてることもできちゃう。これでお抹茶をいただいてから、バリバリ食べてもいいかも。

和晃

京都府京都市伏見区横大路橋本26-1

伝統とモダンのミックスを目指す和菓子屋。萩の夏みかんを使ったゼリーは、見ているだけで涼やかな風を感じられます。ほうじ茶やイチゴ、桜の風味のポルポローネは新感覚の味わいです。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 関西エリア
イベント盛りだくさんな12月

寒さも冬本番の今日この頃。12月にはクリスマスに忘年会に年末のセールなどイベントが盛りだくさん。リサーチしてお出かけしましょう♪

2013/08/06 公開