【六本木】屋外アート

ヒルズ、ミッドタウンを中心に、六本木の街を歩くとたくさんの屋外アートに出会えますよ。

スポンサーリンク

愛だけを…

東京都港区六本木6-10-3

六本木ヒルズ・けやき坂通りの歩道にある深紅のベンチ。作品タイトル「愛だけを・・・」はジャズの名曲からとられたもの。

フラグメントNo.5

東京都港区赤坂9丁目7

東京ミッドタウン・ガーデンの奥に立つ、月のパビリオンをテーマにした銀色の巨大なオブジェ。11個のパーツが組み合わさり、複雑でユニークな形の作品。周囲の自然の緑と、近未来的な作品のコントラストが面白い。

妙夢

東京都港区赤坂9丁目7-1

東京ミッドタウン・プラザ入り口にある大きな彫刻作品。日陽しの溢れる広場のシンボル的な存在となっている。作者は、大理石とブロンズの彫刻作品を手がける安田侃(やすだかん)氏。

意心帰

東京都港区赤坂9丁目7-1

東京ミッドタウン・地下の入り口部分に置かれた、白く大きな大理石のオブジェ。楕円形で静かに横たわり、中央に大きな窪みのあるこの作品は、特に子供が吸い寄せられるように近寄って行く姿がよく見られる。

奏でる乙女

東京都港区六本木4丁目

六本木交差点の東京ミッドタウン側の角にある、ギターを奏でる清楚な少女の像。戦後の復興と平和のシンボルとして作られた作品。周囲に椅子などもあるスペースがあり、待ち合わせスポットとしても使われる。

ロボロボロボ

東京都港区六本木6

六本木さくら坂に隣接する、さくら坂公園にあるタワー。園内に子どもロボットがたくさんあるさくら坂公園は、ロボロボ公園とも呼ばれる。中でもこのロボロボロボは、44体のロボットから作られる目を引くオブジェ。

アーチ株式会社

東京都港区六本木3-15-24 ボックス六本木3階

六本木ヒルズ・けやき坂通りの歩道にある、リビングルームを象ったアーチ。通りかかった人は思わずその椅子とテーブルに引き寄せられ、作品と共に写真に収まる姿もよく見られる。

雨に消える椅子

東京都港区六本木6-12-4

六本木ヒルズ・けやき坂通りの歩道にある、雨の日にはガラスと水が溶け合いまるでその姿が消えていくかの如く写る椅子。透明な姿が美しい。六本木のストリートファニチャーの1つ。

守護石

東京都港区六本木6-10-1

テレビ朝日アトリウム前にある、黒御影石でできたオブジェ。素朴な素材感とオブジェの曲線美が融合した作品。

ママン

東京都港区六本木6

六本木ヒルズ・森タワー下、66プラザにある巨大なクモのオブジェ。ヒルズ入り口で高さ約10メートルと非常に目立ち、待ち合わせスポットでもある。六本木のパブリックアートの1つ。

関連タグ
関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 関東エリア
いよいよ12月

今年もあとわずか。街にはクリスマスの雰囲気も漂い始めています。12月初めにかけて見られる紅葉のピークも見逃せません。

2012/12/26 更新