【京都】京都に来たら欠かせない大人気の老舗漬物店

京都でしか買えない!大人気、京都ならではの老舗漬物店でお土産にお買いものしてはいかがでしょうか?絶対に喜ばれる事間違いなしです!

スポンサーリンク

赤尾屋

京都府京都市東山区本町七丁目21

こちらの名物は、みやこ漬けです。きゅうり、ししとうなどを赤紫蘇で漬けこんだものです。ほのかな赤色が食欲をそそります。

川勝総本家

京都府京都市下京区大宮通五条上ル上五条町394

千両茄子の浅漬、きゅうりの浅漬は、朝ごはんにもぴったりです。他ではあまり見かけない、まるごとのかぼちゃを使った浅漬もあります。

千枚漬 本家 大藤

京都府京都市中京区麩屋町通錦小路下がる桝屋町510

千枚漬やすぐき漬は販売される期間が決まっているので、買い逃さないようにしなくてはいけません。季節に合わせた京の浅漬けもお勧めです。

とり山本店

京都府京都市北区紫竹下緑町1

水ナスを使った漬物が自慢です。特にぬか漬けが人気となっています。ほどよい歯ごたえで、ごはんのお供に最適です。

田辺宗

京都府上京区出町通り枡形上がる 青龍町218番地

こだわりぬいたかぶらを使った千枚漬があり、利尻昆布がアクセントになっています。他にも、ごぼう漬、ゆず大根が人気です。

田中長奈良漬店

京都府京都市下京区綾小路通烏丸西入童侍者町160番地

都錦味醂漬が名物です。京都の奈良漬のようなものです。2年以上かけて職人が作りだしたその漬物は、使う野菜によって味が変化します。

なり田

京都府京都市北区上賀茂山本町35番地

一押しは、すぐき漬です。すぐきはカブの仲間で、京野菜の一つです。塩だけを使って作る、シンプルなもので、おつまみにもぴったりです。

辻しば漬本舗

京都府京都市左京区大原上野町483

生しば漬というものがあります。漬けこむ野菜以外に使うのは赤紫蘇と塩だけです。ほどよい酸味があり、中々手に入らない一品です。

市久八木

京都府城陽市市辺五島64-3

源吾兵衛すいかを使った茶丸漬、筍に山椒を加えた京しぐれ等があります。また、青谷梅林の梅を使った梅干しもあります。

富屋

京都府京都市北区鞍馬口通寺町西入新御霊口町285

きゅうりの中心に生姜と大葉が入っている、鉄砲漬がおすすめです。きゅうりのシャキシャキ感と大葉の香りが口の中で広がります。

関連タグ
関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 関西エリア
いよいよ12月

今年もあとわずか。街にはクリスマスの雰囲気も漂い始めています。12月初めにかけて見られる紅葉のピークも見逃せません。

2013/07/23 更新