【都内】とっても美味しい最中が食べられるお店

他とは違う!パリパリで香ばしさが広がる皮にあんこの甘さがなんともいえない絶妙なバランスの絶品最中!

スポンサーリンク

御菓子処 さゝま

東京都千代田区神田神保町1-23

やわらかな餡と香ばしい皮が一体感があり口の中でほどけるような軽やかな味わいの最中。餡はこしあんで濃厚だが、澄んだ甘さが特徴。職人技の光るこの最中はここでしか手に入らない。

小ざさ

東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1-8

まろやかな甘さの餡が特徴の最中。伝統と品の良さを感じさせる味は格別。みずみずしさを出すために工夫を重ね、天候などによっても作り方を変えるこだわりの一品。

茶房野の花

東京都中央区銀座3-7-21

予約分だけでに売り切れになってしまう「空也」の最中を食べられる茶房。豆の豊かな風味と焦がし皮が他にない独特の味わいを生み出しており、ファンが多い。ギャラリーの横で、落ち着いた時間を過ごすにはぴったり。

司 うさぎや

東京都台東区上野1-10-10

半月型の焦がし皮に蜂蜜に漬けた大納言を餡に加えた喜作最中。皮の歯ごたえのよいサクッとした最中が癖になる。

亀十

東京都台東区雷門2-18-11

どら焼きで有名な亀十だが、隠れファンが好んで購入していくのがこの亀十最中。全体的に大きくたっぷりと挟まった餡はずっしりとしている。程よい甘さとつやっとした餡が特徴の浅草でも人気の一品。

御菓子司 梶野園

東京都北区西ケ原4-65-5 梶野園ビル

江戸時代の火消しが使った纏(まとい)を型に惚れ込んだ店主がつくったという見た目も美しい最中。薄い皮が絶妙な甘さを引き出す老舗ならではの上品な味。

本郷三原堂

東京都文京区本郷3-34-5

看板商品でもある「大学最中」。大きくて食べ応えもあり、粒あんがたっぷりと使われた最中。白インゲンの風味が味わえる白あんも人気で、コーヒーに合わせたりアイスと一緒に食べたりする食べ方も評判。

富留屋古賀音庵

東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-2 新宿高島屋B1

正方形の小さな形がかわいらしい一口サイズの最中。こだわりの風味豊かな餡を一口に詰め込んだ自慢の一品。香ばしい香りの最中がシンプルな甘さを引き立てている・。

茂助だんご

東京都中央区築地5-2-1

築地の団子屋で食べられる魚河岸最中。餡はこしあん・小倉・白あんの3種類。餡の口当たりがしっとりとしていて、皮もやわらかい。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 関東エリア
イベント盛りだくさんな12月

寒さも冬本番の今日この頃。12月にはクリスマスに忘年会に年末のセールなどイベントが盛りだくさん。リサーチしてお出かけしましょう♪

2013/07/18 公開