【都内】とても美味しい激辛麻婆豆腐があるお店

辛いもの好きにはたまらない!当店自慢の看板メニューは激辛麻婆豆腐はいかがですか?辛さと同時にうまみが広がる一品です。

スポンサーリンク

龍の子

東京都渋谷区神宮前1-8-5 メナー神宮前 B1F

花椒がよく効いており、口に入れた後じわりと舌が痺れる本場四川の麻婆豆腐。辣油とのバランスが辛さの中にも旨味とマイルドさを感じる一品。

神田 雲林

東京都千代田区神田須田町1-17 第2F&Fロイヤルビル 2F

テーブルに運ばれてくるだけで漂う花椒の香り。オーダー後に作り始め、作り置きはしないので少々時間はかかるが、食べ終わる頃には汗がどっとでるような辛さが特徴。ご飯がすすむ絶品。

芝蘭 板橋店

東京都板橋区赤塚新町3-3-20

四川料理の中でも有名なシェフのお店。2種類の麻婆豆腐があり、中でも陳麻婆豆腐は激辛ファンをうならせる一品。最初から最後まで口の中で辛さが広がる。

川香苑 歌舞伎町店

東京都新宿区歌舞伎町1-16-12 蓬麻ビル2F

豆板醤にこだわっており、奥深い味わいと辛さを楽しむことができる。四川料理の中でも、痺れる辛さを味わいたいならこちらの麻婆豆腐ははずせない。

唐人吉華

東京都中央区八重洲1-6-16 東進ビル

行列覚悟の名店。好きな辛さで注文ができるため、何度でもチェレンジしたくなる。くせになる豆鼓のコクと唐辛子の辛さに加えて、豆腐の熱さが辛みをさらに引き立てている。激辛通はぜひスペシャルで注文してほしい。

東坡(トンポー)

東京都渋谷区神宮前3-24-9

器から溢れんばかりの麻婆豆腐は、見た目にもパンチが効いている。舌を痺れさせる強烈な花椒の刺激。他店とは違う花椒が主役の一品。

深せん

東京都荒川区西日暮里3-14-13 日暮里コニシビル1F

麻婆豆腐がご飯の上にたっぷりと掛かった丼物。谷中銀座で夜のみ営業しており、サラリーマンのファンも多い。炒めた粗挽きの唐辛子と花椒が仕上げにかけられており、唐辛子の辛さ際立つバランスの良い麻婆豆腐。

栄児 家庭料理 本郷店

東京都文京区本郷3-15-1

ごろっとした木綿豆腐にしっかりと辛さのある麻辣がしみて旨さが引き立っている。辛さの調整も麻・辣共に可能なので自分にぴったりの味を見つけるのも楽しい。

五指山

東京都千代田区内神田1-9-10 光間正ビル 1F

高級食材に頼らない素朴で庶民派。土鍋のまま提供される麻婆豆腐は、熱々で花椒の刺激を増してくれる。辛さの中にも味噌の風味を感じるバランスのよい味に仕上がっている。麻婆土鍋ご飯はご飯抜きでも注文できる。

巴蜀(はしょく)

東京都千代田区岩本町3-8-15 東京ファスナービル 1F

挽肉の粗さと唐辛子の辛さが存在感を感じさせる。たっぷりの唐辛子と辣油の辛さが口の中にひろがる。見た目にも辛く、激辛通をうならせる癖になる味。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 関東エリア
いよいよ12月

今年もあとわずか。街にはクリスマスの雰囲気も漂い始めています。12月初めにかけて見られる紅葉のピークも見逃せません。

2013/07/18 公開