【関東】歴史的建造物を見ながらドライブできます。

歴史的建造物の多いエリアでは、建物の歴史や使用している素材などをじっくり見たり眺めながらドライブも楽しめます。

スポンサーリンク

神奈川県立音楽堂

神奈川県横浜市西区紅葉ケ丘9-2

1954年に開館。公立施設としては日本初の本格的音楽専用ホールとして建ち『東洋一の響き』と絶賛される。すべて「木」でつくられたホールの壁面は今でもアコースティックな音を響かせている。

千葉城(亥鼻城)

千葉県千葉市中央区亥鼻1-6-1

千葉氏の居城であったが、のちに本佐倉城に本拠地を移した際に廃城となる。現在は亥鼻公園となり千葉介常胤像と模擬天守が建てられている。なお天守内部には郷土資料館・プラネタリウムを整備。

日野宿本陣

東京都日野市日野本町2-15-9

江戸時代に建てられ都内では唯一残っているとされる本陣建物。木造り平屋建で切妻造瓦葺屋根、建て坪は約100坪の本陣の中には貴重な資料や映像・展示室などが設置されている。

鎌倉駅

神奈川県鎌倉市小町1丁目

時計台と三角屋根は鎌倉のシンボルになっている。時計台のデザインは先代の駅舎より引き継ぎ、真下は改札口。西口には江ノ電が乗り入れている。

横浜市イギリス館

神奈川県横浜市中区山手町115-3

昭和12年に英国総領事公邸として建てられたコロニアル様式の洋館。高い天井や大きな窓は開放的で明るい設計になっている。現在は2階の展示室と復元された寝室が一般公開されている。

神橋

栃木県日光市上鉢石町

神秘的な伝承によって架けられた神橋は平成11年、世界遺産に登録をされる。際立つように塗られた朱色は周囲の風景と見事にマッチし、スケールの大きさと繊細・優雅さを感じさせる。

鴫立庵

神奈川県大磯町大磯1289

1664年、小田原の崇雪が西行法師の歌にちなみ草庵を結んだことからはじまり、のちに日本三大俳諧道場のひとつといわれるようになる。庵内には80以上の石像が安置されている。

足尾銅山

栃木県日光市足尾町通洞

"日本一の鉱都"と呼ばれた足尾銅山の坑内観光施設。全長700mの坑道をトロッコ電車で進むと当時の採掘の様子が再現されている。また3つの資料館では足尾銅山の歴史や役割などを知ることができる。

葛飾区 山本亭

東京都葛飾区柴又7-19-32

故山本栄之助の住居として大正末期に建てられ和洋折衷の建築が特徴。木造二階建てで書院造の特徴を随所に見ることができる。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 関東エリア
いよいよ12月

今年もあとわずか。街にはクリスマスの雰囲気も漂い始めています。12月初めにかけて見られる紅葉のピークも見逃せません。

2015/06/17 公開