【六本木】アートの街・六本木のおすすめ美術館

六本木はアートの発信地。ハイクオリティな美術館やギャラリーがたくさんあります。特に六本木アート・トライアングルには注目。

スポンサーリンク

FUJIFILM SQUARE 写真歴史博物館

東京都港区赤坂9丁目7番地3号

フジフイルムの歴代カメラや稀少なアンティークカメラ等を展示する。また写真の企画展も開催されている。カメラと写真の歴史文化を学べる貴重なスポット。

泉屋博物館分館

東京都港区六本木1丁目5番地1号

住友家が蒐集した美術品を保存・展示する泉屋博古館(京都市)の分館として、2002年にオープン。住友家の美術品の中でも最も有名なのは中国古銅器と鏡鑑で、世界的な評価も高い。

サントリー美術館

東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガレリア3階

東京ミッドタウンにある美術館。日本美術を中心とした企画展を開催し、日本の伝統美を感じることができる。世界的建築家・隈研吾氏による、伝統とモダンさを兼ね備えた設計もみどころ。

森美術館

東京都港区六本木6-10-1  六本木ヒルズ森タワー 53F

国立新美術館、サントリー美術館とともに、六本木アート・トライアングルの1つ。アジアを中心に世界各地の先端的な現代アート作品を展示する美術館。ファッションや映像など、ユニークな展覧会も多く開催。

国立新美術館

東京都港区六本木7-22-2

波打つガラスの壁が特徴的な建物。設計は建築家・黒川紀章氏。展示スペースは国内最大級の14,000m2。近現代アートを中心に、様々な企画展や公募展が開催される。

関連タグ
関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 関東エリア
いよいよ12月

今年もあとわずか。街にはクリスマスの雰囲気も漂い始めています。12月初めにかけて見られる紅葉のピークも見逃せません。

2012/12/26 更新