【清澄白河】清澄白河を観て回るなら、どこへ行きたい?

歴史ある下町・清澄白河をまったり観光するなら、ココはぜひとも押さえておきたいね。アート・歴史好きカップルのデートにもイイみたい。

スポンサーリンク

霊厳寺

東京都江東区白河1-3-32

浄土宗のお寺で、過去の火事の影響で現在の場所に1658年に移転しています。寛政の改革をすすめた、松平定信のお墓があり、こちらは国指定の史跡となっています。

東京都現代美術館

東京都江東区三好4-1-1

外観のデザインが非常に独創的な美術館です。戦後の国内外の現代美術を中心に、系統的に展示・紹介しています。絵画や彫刻、ファッションなど幅広いジャンルの芸術を鑑賞できます。

清澄庭園

東京都江東区清澄二・三丁目

東京都内にいながら、豊かな緑を感じられるスポットです。明治13年に三菱財閥の岩崎彌太郎が隅田川の水を引いて造りあげて庭園となっています。全国から奇岩珍石が集められていますよ。

深川図書館

東京都江東区清澄3-3-39

外観はすごくレトロな感じなっており、100年以上の歴史を有している公共図書館です。清澄公園に隣接しています。多くの都民が利用し、まったりとした読書タイムを過ごしています。

小山登美夫ギャラリー

東京都江東区清澄1-3-2-7F (丸八倉庫ビル)

清澄公園の近くにある、こじんまりとしたギャラリーとなっています。現代美術を中心とした作品を所蔵しており、定期的に企画展示を開催しています。個性豊かな作品が多いので、興味があれば訪れてみてください。

SNAC

東京都江東区三好2-12-6 1階

「無人島プロダクション」と「吾妻橋ダンスクロッシング」が企画・運営をしているスペースとなっています。多彩なイベントや展覧会を定期的に企画しています。若者向けのものが多く、芸術への関心を高めてくれます。

江東区深川江戸資料館

東京都江東区白河1-3-28

江戸時代の深川の様子をじっくりと観察できる施設となっています。当時の町並みや暮らしぶりを実物大に再現しており、長屋や船宿などが立ち並んでいます。小・中学生だけでは入れないので注意です。

芭蕉記念館

東京都江東区常盤1-6-3

江東区で松雄芭蕉の業績を称えるために建てられた施設です。俳文学関連の資料が多数用意されており、芭蕉直筆の書簡や肖像画を鑑賞できますよ。

関連記事
2015/06/02 公開