【出石】何皿でも食べられる!?皿そばのお店

出石の皿そばは、1杯分ずつお皿に盛られて供されます。その独特なスタイルとそば本来のおいしさが活きた素朴な味わいで、リピーターも多いとか。

スポンサーリンク

おうち

兵庫県豊岡市出石町小人11

知る人ぞ知る「そば町」兵庫県出石町。こだわり抜いたそば文化が丁寧に育まれております。「小皿そば」とも呼ぶべき独創的なスタイルで5枚の盛りそばで1人前。多彩な薬味も用意され、食べ飽きさせません。

家老

兵庫県豊岡市出石町内町62-1

家老の名の通り、出石町が観光名所になる前からの出石小皿そばの老舗です。併設された喫茶店が時代を感じさせます。5皿1人前でつけ汁へのトッピングは、是非とも変わり種の「鶏卵」をお試し下さい。

甚兵衛

兵庫県豊岡市出石町小人14-16

旅行ガイド「ミシュラン・グリーンガイドジャポン」掲載のお店です。世界が認めた出石小皿そば。そばの実丸引きによる自然の香、清流の水を活かす江戸時代からの伝承の味を一皿一皿ご賞味下さい。

一鶴

兵庫県豊岡市出石町福住字上清水191-1

皿そばの町、兵庫県の出石町。皿そば名店50店舗が軒を連ねる中、新参の一鶴。江戸時代からの「皿そば道」を新たに歩んでおります。そば打ち体験も出来ます。すっきりしたのどごしで何皿でも食べられます。

近又

兵庫県豊岡市出石町本町99

京風の佇まいをさらりと見せる店構えです。自慢の出石小皿そばは、伝統の味の秘法「三たて」十二分に駆使しています。何皿もたくさん食べた人には皿そば認定証を差し上げています。

湖月堂内堀店

兵庫県豊岡市出石町八木19辰鼓楼横

出石焼きの小皿に盛りつけた、蕎麦をその伝統に裏打ちされた味のせいで、何杯でもいけちゃいます。東のわんこそばか、西の出石皿そば、と讃える人も。静かな町に時を告げる辰鼓楼の真横に店を構えてます。

そば処出石城

兵庫県豊岡市出石町町分189

ひきたて、打ちたて、ゆがきたての伝統の三たての出石皿そばでお迎えします。5皿で1人前、1皿目はそばの風味を楽しみ、2皿目以降は卵や山芋のトッピングを楽しみます。大人の男性は20皿以上行く方もいます。

官兵衛

兵庫県豊岡市出石町八木68

天ぷらなどは食べずに、そば一本勝負が、「出石小皿そば流」です。そば殻も一緒に用いた、自家製粉でしっかりと伝統の味を守っています。1皿目はつゆだけかけて食べて、3皿目以降は薬味を試してみましょう。

入佐屋

兵庫県豊岡市出石町内町98-1

元サラリーマンの店主が江戸伝統の出石皿そばに魅せられて一生懸命学びました。出石焼の皿5枚の盛りそばが一人前。量は普通のざるそばくらいです。そばの風味と多彩な薬味も使えば、ぺろりと食べちゃいます。

輝山

兵庫県豊岡市出石町八木62

伝統の出石皿そば専門店のなかでも新顔です。伝統を継承しながらも、黒いそばと白いそばを食べ比べられるのはここだけです。1人前は5皿ですが、あっというまです。そば通手形獲得と大食チャレンジしてみましょう。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 関西エリア
いよいよ12月

今年もあとわずか。街にはクリスマスの雰囲気も漂い始めています。12月初めにかけて見られる紅葉のピークも見逃せません。

2013/07/16 公開