【神保町】読み終えた本は古本屋さんへ持っていって

もし、読まなくなった本があれば捨てずに古本屋へ持っていってください。他の誰かがその本を読むかもしれません。また、古本屋へ行く事で自分も新たな本と出合えるでしょう。

スポンサーリンク

古書りぶる・りべろ

東京都千代田区神田神保町1-42-12 村上ビル1F

取り扱い分野は歴史や社会科学、文学からアナキズムまでといろいろ。古書即売会などにも、出品しています。

アットワンダー

東京都千代田区神田神保町2丁目5-4

サブカルチャー系のものが、店の主力商品ではないでしょうか。そのほかにもSFやミステリー、映画ポスターやパンフレットなど、幅広いラインナップ。

文華堂書店

東京都千代田区神田神保町2丁目3-12

軍事関連や伝記など、歴史ものに強い印象があります。専門としているのは、日清戦争以降の本。貴重な本ばかりです。

文泉堂書店

東京都千代田区神田神保町2丁目14-6

ここは研究者の方が注目するほど、貴重な資料が揃っています。歴史や法政、経済の専門書などを始めとして、あらゆるジャンルを扱っています。

ポスターコレクション

東京都千代田区神田神保町1丁目3-5

女性タレントに関するものを、扱っています。店名にあるようにポスターを始めとして、カレンダーやテレホンカードなどもあり。

カスミ書房

東京都千代田区神田神保町1-34 高瀬ビル302

ほかの古書店ではどうしても見つからないものが、ここにはあるかもしれません。1960年代から1980年代後半までの本が、きれいにビニールで包まれています。

マグニフ(magnif)

東京都千代田区神田神保町1-17

雑誌の古本屋になりますね。ファッション雑誌を探しているなら、こちらがおすすめです。ヴィンテージ・マガジンは、特に魅力的。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 関東エリア
いよいよ12月

今年もあとわずか。街にはクリスマスの雰囲気も漂い始めています。12月初めにかけて見られる紅葉のピークも見逃せません。

2015/05/19 公開