【浅草】浅草で食べ歩きするなら寄りたいお店はここ

手軽に食べられるおやつがとっても充実している浅草。そんな浅草で楽しく食べ歩きしたいなら、まずは一押しのお店情報をチェックしてみてください。

スポンサーリンク

セキネの肉まん

東京都台東区浅草1-23-6

創業80年を超える老舗の肉まん屋さん。最初はパン屋だった。地元浅草では定番のおやつとして、世代を超えて長く愛されている。

入山煎餅

東京都台東区浅草1丁目13-4

大正3年から続く、手焼きせんべいの老舗。備長炭を入れた火鉢で、職人さんが一枚一枚店先で焼いている。香ばしいしょうゆの香りに、ついつい立ち寄ってしまう。

千葉屋

東京都台東区浅草3-9-10

大学芋や切揚が人気で、行列が絶えないお店。おいしいのでついつい手が伸びてしまう。グラム売りで、少し多めに買うのがおすすめ。

浅草メンチ

東京都台東区浅草 2-3-3

幻の豚、とも呼ばれる「高座豚」を使ったメンチカツが人気のお店。サクサクの衣と甘みのある肉で、浅草散策にはぜひ食べてみたい。

喜久屋

東京都台東区浅草1-18-2

大福やだんごなどの素朴なおやつがそろうお店。あんは、十勝産の小豆を使い、添加物は一切使わず素材そのものの味を活かしている。

浅草きびだんご あづま

東京都台東区浅草1-18-1

江戸時代にあった門前のきびだんごを実演販売しているお店。売り子さんの元気な声が飛び交う店先には、つい足が止まってしまう。

浅草九重

東京都台東区浅草2丁目3-1

揚げまんじゅうのお店。国産の小豆を使ったあんと、3種類のブレンド油を使ってあげられたまんじゅうは、一つから買えるので、食べ歩きにもぴったり。

木村家本店

東京都台東区浅草2-3-1

浅草名物の人形焼き。たくさんあるお店の中でも一番の老舗が木村屋本店。五重塔、雷様、提灯、鳩の形は初代が考案したもの。昔ながらの味がほっとする。

たい焼 写楽

東京都台東区浅草3-9-10 キャピタルプラザ浅草1階

パリパリの皮と少し塩味の効いたあんがマッチする、人気のたい焼き屋。もなかアイス、どらやきアイスもあり、夏でも冬でも立ち寄りたい。

浅草ちょうちんもなか

東京都台東区浅草2-3-1

雷門をイメージした提灯型の最中にアイスがはさんである、アイス最中の専門店。アイスのフレーバーも充実しているのでぜひ立ち寄りたい。

梅園 浅草本店

東京都台東区浅草1-31-12

浅草の老舗甘味処。あんみつやくず餅、羊羹なども人気だが、中でも栗きんとんどら焼きが一番人気。

浅草花月堂

東京都台東区浅草2-2-10

「ジャンボめろんぱん」が名物のお店。外はカリカリ、中はふんわりのメロンパンで一日3000個販売される。

雷門亀十

東京都台東区雷門2-18-11

浅草のどら焼きといえば、ここです。行列のできる人気店。好みによって白あんと黒あんを選べるのもうれしい。

おいもやさん 興伸 浅草伝法院東通店

東京都台東区浅草1丁目36番地6

大学芋やスイートポテトなどサツマイモ商品が揃うお店。中でも大学芋は外側カリッと中はしっとりで美味です。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 関東エリア
イベント盛りだくさんな12月

寒さも冬本番の今日この頃。12月にはクリスマスに忘年会に年末のセールなどイベントが盛りだくさん。リサーチしてお出かけしましょう♪

2016/02/02 更新