【築地】歴史と食の街の、素敵な観光スポットを楽しんで下さい。

忠臣蔵から始まる筑地の歴史や文化を楽しめるスポットや、新聞社の見学や場外市場のコンシェルジュなど、築地の意外な一面も素敵な観光スポットですね。築地市場の移転もあと少し。今の筑地を楽しんで下さい。

スポンサーリンク

朝日新聞 東京本社

東京都中央区築地5-3-2

毎朝、当たり前に届く新聞は、どうやって作られる?見学できます!事前に要予約で、時間帯指定です。紙面作成の第一線である報道・編成局や、巨大な印刷工場、何千部もの梱包を行う発送室が見学できます。

築地小劇場跡

東京都中央区築地2-11

築地小劇場のロマンに触れてみませんか?可動舞台や舞台照明の画期的な設備をそなえた、世界唯一の劇場でした。エリートの道を外れ、演劇を志した人物が私財を注いで作った劇場は、多くの日本人の精神を支えました。

波除稲荷神社

東京都中央区築地6-20-37

毎日、多くの人と食料が行きかう首都圏の生命線、築地。もしも築地が、地が築けなかったら、未来が変わっていた?波除稲荷神社の由来に触れると、足元の地面にも感謝の念が湧き起こります・・・

蘭学事始地

東京都中央区明石町10先

「蘭学事始」の著者は杉田玄白で、明治2年に出版したのは福沢諭吉でした。杉田玄白が「解体新書」を出版したのは40歳を超えてから。人生50年を考えると、努力が察せられます。晩年の回想録が「蘭学事始」です。

築地居留地跡

東京都中央区明石町9

なぜ聖路加病院が築地にあるのか?居留地があったからです。築地は、立地条件から官公庁や商人に不人気で、かわりに宣教師や教師や医師が多かったそうです。そして、キリスト教系学校や病院が建設されました。

かちどき 橋の資料館

東京都中央区築地6地先

資料館の目玉は、100分の1のジオラマでの再現です。車も都電も止めて、ただ見ていた勝鬨橋の開閉も、もはや模型のみ。最近のまんがでも大きく描かれた勝鬨橋。いまなお惹きつけてやまないなにかがあるのですね。

築地よりみち館

東京都中央区築地4-7-5 築地KYビル2F

知られざる築地!築地の歴史、築地の魅力を、余すことなく紹介しています!江戸期から明治にかけての錦絵の数々。鮮やかにかつての建造物や人物が描かれています。展示期間は不定期です。

本願寺築地別院(築地本願寺)

東京都中央区築地3-15-1

革新的な築地本願寺・・・ゆるキャラがいるお寺!ステンドグラスとパイプオルガン。成人式に盆踊り、朝市も!感心したりほほえんだり、知られざる築地本願寺をお楽しみください。

浅野内匠頭邸跡

東京都中央区明石町12先

浅野内匠亜頭邸跡は昭和6年に都指定史跡へ指定されました。江戸初期から明治大正を経ても、四十七士への人気は衰えず。松の廊下の事件から3日後、見事に撤収した赤穂藩への賞賛は、長く語り草になったのでしょう。

ぷらっと築地

東京都中央区築地 4-16-2 千社額棟1F

頼れる築地のコンシェルジェはこちらです!築地市場の見学や営業時間、お買い物への注意点など、様々なアドバイスがもらえます。築地を心ゆくまで楽しむために、ぜひ入場前にお立ち寄りください。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 関東エリア
イベント盛りだくさんな12月

寒さも冬本番の今日この頃。12月にはクリスマスに忘年会に年末のセールなどイベントが盛りだくさん。リサーチしてお出かけしましょう♪

2015/05/14 公開