【千葉】しっとり楽しむ絶品和菓子スイーツ

上品な色合いや風味が人気の絶品和菓子スイーツのお店をご紹介します。日本の美、新しさをい和菓子を通して感じてみてください。

スポンサーリンク

御菓子司梅翁総本舗

千葉県船橋市西船4丁目21-3

創業80年。苦味の少ない船橋産の小松菜を煮詰め、この緑色の餡を蒸しあげた生菓子「萌菓」。小松菜餡と求肥を挟んだ「小松菜最中」。他にも人参最中など地産地消の新しい味を開発中。

甘味処 楓

千葉県千葉市稲毛区緑町1丁目20-7

メニュー豊富な甘味処。ぜんざいや蜜まめはもちろん、かき氷や練り菓子も。寒天、白玉は作り置きなしで絶妙ののど越し。お餅やところてんもあるので辛党もぜひ。練切の餡が紅茶やコーヒーなど期間限定品も試したい。

ささや菓匠

千葉県千葉市稲毛区緑町1丁目24-2

千葉県八街産落花生のどら焼きが人気。落花生と白いんげんの餡に餅粉を使ったモチモチの皮が絶品。大福や最中などの定番和菓子が充実。栗パイ、ショコラ大福といった和洋がコラボした新しいおいしさも楽しめる。

月廼舎本店

千葉県木更津市清見台東1丁目1-12

お団子、どら焼き、豆大福。最中に饅頭といった毎日でも食べたい和菓子はもちろん、苺大福、水ようかん、月見饅頭、栗きんとんと季節の和菓子も大充実。地域に愛され、創業40周年を迎えた。

虎屋

千葉県千葉市中央区富士見2-12-1

数々の賞を受賞している千葉の老舗和菓子舗。手焼きのどら焼きが有名。上生菓子は常時6品を用意。2週間ごとに全品が変わるので1年で140種類以上の和菓子に出会える。季節ごとの和菓子を楽しみたいお店だ。

つるや鶴泉堂

千葉県千葉県匝瑳市八日市場イ2871

天明元年(1781年)創業の老舗。初代が生み出したお正月の縁起物「初夢漬」が有名。秋茄子を糖蜜に1月も漬け込んだ逸品。きんつばやどら焼き、季節の和菓子も見逃せない。

米屋

千葉県成田市上町500

成田山表参道でひと際にぎわう和菓子店。可愛らしい「ぴーなっつ最中」は千葉のおみやげにぴったり。どら焼きや程よい甘さの栗むし羊羹も人気商品。季節の上生菓子は美しい姿にこれぞ和菓子という貫禄。

菓匠 松久

千葉県松戸市金ヶ作411-2

「松久のどら焼き」と謳っているように、皮がふわふわのどら焼きが一押しの店。粒餡の「大納言どら焼」、白餡に蜜漬青梅入りの「梅どら焼」、ずんだ、半生、アイス、バター、栗など種類も豊富。もちろん人気も抜群。

豆大福本舗木村屋

千葉県千葉市中央区院内2丁目13-11

その日の分しか作らない豆大福は柔らかく、豆のアクセントがきいた逸品。固くなったら焼き大福にしてくださいとの昔ながらの正直製法。焼き栗、苺、梅と季節の大福も楽しめる。

菊園

千葉市若葉区若松町360-24

昭和30年まで宮中での和菓子を担当されていたお店。イチ押しはわらび餅。きな粉たっぷりのわらび餅は柔らかさに驚き、上品な甘さとベストマッチング。めったに出会えない宮中伝統の和菓子も味わえる。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 関東エリア
イベント盛りだくさんな12月

寒さも冬本番の今日この頃。12月にはクリスマスに忘年会に年末のセールなどイベントが盛りだくさん。リサーチしてお出かけしましょう♪

2013/07/12 公開