【箱根】箱根と言えばアート!箱根の美術館・博物館をご紹介

箱根はアートスポットが充実していることでも知られているエリア。こだわりの美術館・博物館もたくさんあります。箱根に行ったらぜひ訪れていただきたい美術館&博物館をピックアップしました。

スポンサーリンク

星の王子さまミュージアム

神奈川県箱根町仙石原909

名作・星の王子さまの世界を再現し、また作者のサンテグジュペリの生涯に関した資料も見ることができるミュージアム。サンテグジュペリの生誕100年を記念し造られた。手紙や写真などの貴重な品々も展示。ミュージアムショップでは、星の王子さまに関するグッズが販売されている。

ポーラ美術館

神奈川県箱根町仙石原小塚山1285

ポーラ・オルビスグループのコレクションを収蔵・展示する美術館。ルノワールやモネを含む印象派の絵画を中心に、日本の洋画や日本画、版画、彫刻、東洋磁器、ガラス工芸、東西の化粧道具など幅広いコレクションを目にすることができる。収蔵点数は約9500点。

箱根ガラスの森

神奈川県箱根町仙石原940-48

15世紀から19世紀にかけてのヴェネチアングラスを中心に展示する美術館。メディチ家やロスチャイルド家に伝わる品々など、数多くの美しいヴェネチアングラス作品を目にすることができる。収蔵点数は約620点。

彫刻の森美術館

神奈川県箱根町二ノ平1121

1969年にオープンした日本初の野外美術館。広く続く芝生には彫刻作品約120点が展示されている。敷地内には子供が遊べる広場や、ピカソ館などの屋内展示場、チャペルなどもある。

村田アンティーク美術館

神奈川県足柄下郡箱根町仙石原1246-602

世界のアンティークを中心に展示する美術館。イギリス王室御用達という、ウィムズ焼きも見ることができる。

箱根マイセンアンティーク美術館

神奈川県足柄下郡箱根町強羅1320-653

ヨーロッパ磁器最高峰とも言われるマイセンのアンティークを展示する美術館。元日銀総裁旧家の洋館を元に、ガーデンカフェや白濁の足湯も併設。

ピカソ館

神奈川県箱根町二ノ平1121彫刻の森美術館内

野外美術館である彫刻の森美術館の敷地内にある、屋内展示型の施設。パブロ・ピカソの作品約300点を所蔵し、陶器作品や油絵、素描、版画など様々な作品を見ることができる。

箱根北原ミュージアム

神奈川県箱根町湯本740

北原照久館長が収集したおもちゃのコレクションを中心に展示する美術館。昔のブリキのおもちゃなど、貴重なおもちゃを見ることができる。収蔵点数は約3000点。

箱根駅伝ミュージアム

神奈川県箱根町箱根167

箱根駅伝の歴史と感動を伝えるミュージアム。資料や写真などで箱根駅伝を学ぶことができる。展示品には、名場面の写真や選手が使用したユニフォーム、タスキにトロフィーなど貴重な品々も。

成川美術館

神奈川県箱根町元箱根570

平山郁夫、山本丘人、加山又造など現代日本画の代表的な画家の作品を中心とした美術館。収蔵点数は約4000点で、常時約100点の展示を行っている。庭園や展望室があり、芦ノ湖や富士山を見渡すこともできる。

箱根美術館

神奈川県箱根町強羅1300

江戸時代までの古陶磁や中国陶磁など、土器や陶磁器を中心に収蔵・展示する美術館。展示点数は約150点。敷地内には苔庭や萩の道、竹庭の日本庭園などがあり、景観も見事。

箱根ラリック美術館

神奈川県箱根町仙石原186-1

フランスの代表的な宝飾・ガラス工芸作家であるルネ・ラリックの作品を収蔵し展示する美術館。収蔵点数は約1500点にのぼる。敷地内には美術館棟の他に、レストラン、セレクトショップ等も併設されている。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 関東エリア
いよいよ12月

今年もあとわずか。街にはクリスマスの雰囲気も漂い始めています。12月初めにかけて見られる紅葉のピークも見逃せません。

2013/02/04 公開