【愛媛】一度はみたい愛媛の歴史的建造物はこちら

歴史的建造物を見学しながら、かつての愛媛や日本に思いをはせる楽しみ。歴史好きには特におすすめのスポットをご紹介します。

スポンサーリンク

二宮孝順邸

愛媛県八幡浜市保内町川之石

一見、普通の家のように見えますが、屋根や玄関にとても細かい細工がされています。その細かさゆえに、完成まで3年かかったそうです。

宇和島城天守

愛媛県宇和島市丸之内1丁目

現在までに保存が確認されている、現存12天守の中の一つです。その美しさは折り紙付きです。1960年ごろに一度、解体修理されています。

廻船問屋 瀧田家

愛知県常滑市栄町4-75

縁側からつながる庭がとてもきれいです。現在は船の道具、民具などが展示されています。常滑駅から徒歩10分です。

開明学校

愛媛県西予市宇和町卯之町3丁目110

木造2階建てで、白壁と立派な瓦屋根が特徴です。窓の造りなどが、どことなく洋風の雰囲気もあり、おもしろい造りになっています。

内子座

愛媛県喜多郡内子町内子2102

敷地面積302坪の歌舞伎劇場です。入り母屋造りと言われる木造建築です。入り口に立つと、その存在感に圧倒されます。

大村家住宅

愛媛県内子町内子

町屋造りで、この辺りに現存する住宅としては最古と言われています。中は見ることはできませんが、外観だけでも見る価値はあります。

高野長英の居住地跡

愛媛県宇和島市新町2-3

高野長英が身を隠すために使っていた家です。やはり目立たないようにするために、周りの家とほぼ同じ造りをしています。

臥龍山荘

愛媛県大洲市大洲411-2

手をかけて造られたであろう庭が、見る人の心を奪います。なおかつ、落ち着く空間です。臥龍院は、明治40年に竣工されました。

愛媛蚕種

愛媛県八幡浜市保内町川之石3-70

現在も会社として使われている建物です。全面がガラス窓になっているのが特徴です。中庭もあり、そこからは建物の造りがよくわかります。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 四国エリア
いよいよ12月

今年もあとわずか。街にはクリスマスの雰囲気も漂い始めています。12月初めにかけて見られる紅葉のピークも見逃せません。

2013/07/09 公開