【東京】ふんわり生地とあま〜い餡子のどら焼き

お散歩や観光の合間に、今日のおやつに、家族へのお土産に……。一口かじると伝わる柔らかさと優しい甘み、おいしいどらやきをお楽しみください。

スポンサーリンク

丸京庵 東京中延本店 茶房館

東京都品川区中延3-8-8

どらやき生産量日本一のお店です。値段は手ごろで賞味期限も年間75日と長めです。そして肝心な味も餡は甘さ控えめでさっぱり食べられ、皮にもこだわりの卵をつかっています。

亀十

東京都台東区雷門2-18-11

皮の焼き色がまだら模様になっていて、黒糖のような風味がして食欲をそそられます。餡のもさっぱりとしていてもたれずにペロッと食べられます。

うさぎや

東京都台東区上野1-10-10

生地にれんげのはちみつが使われていて程よい甘みです。その中に生地からはみ出そうなくらいたっぷりの餡が入っていて食べ応え充分です。

和菓子処 おがわ

東京都台東区雷門2-6-4

餡の種類は小倉、白、うぐいすの3種類あります。皮は厚めでどっしりとしていてあんは甘さ控えめですっきりと食べられます。

すずめや

東京都豊島区南池袋2-18-5

池袋の路地裏にあのあまり目立たない所にあるにもかかわらず土日には売り切れてしまう事も多い人気店。皮はしっとりふわふわ。餡はとてもなめらかで、上品な味です。

つる瀬

東京都文京区湯島3-35-7

昭和5年から営業している歴史あるお店。皮にはハチミツが使われていて中のふんわりした小豆ととてもよく合います。

扇屋

東京都文京区本郷5-26-5

東大赤門前に昭和から続いているお店。こちらの赤門もちは有名ですが、どら焼きも餡は一つ一つ粒がしっかりしていて豆好きにはたまらない一品です。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 関東エリア
いよいよ12月

今年もあとわずか。街にはクリスマスの雰囲気も漂い始めています。12月初めにかけて見られる紅葉のピークも見逃せません。

2013/07/01 公開