【東京】歴史にまつわるスポットを紹介します。

日本の歴史のキーポイントとなった場所。そんな場所に訪れて、歴史にまつわるストーリー触れてみてほしいスポットです。

スポンサーリンク

浜離宮恩賜庭園

東京都中央区浜離宮庭園

元は将軍家の鷹狩場だった広大な土地に、甲府宰相 の松平綱重が海を埋め立てて作った大名庭園。海水が入り込む潮入の池は、塩の満ち引きで庭園の表情を変えます。

愛宕神社

東京都港区愛宕1-5-3

江戸時代、徳川家康が防火の神様を祀るために建てた神社。その後震災や空襲の経て再建し、現在の姿になっています。緑豊かな都心のオアシスです。

井草八幡宮

東京都杉並区善福寺1-33-1

近くを流れる善福寺川の源泉では古くから豊富な湧水が生活に利用され、人々の生活の場となっていた土地です。その後江戸時代から武神である八幡大神を祀り、戦勝祈願の神社として栄えました。

皇居

東京都千代田区千代田1-1

幕府の時代にあった江戸城が、その後明治元年に皇居となりました。天皇皇妃両陛下のご住居を始め、宮内庁関係の宿舎などがあります。事前に申し込むと参観も可能。

西新井大師

東京都足立区西新井1-15-1

豊かな緑と綺麗な花に囲まれた、真言宗豊山派の寺院。弘法大師自らが十一面観音を造り、人々に平安をもたらしたと言われています。

根津神社

東京都文京区根津1-28-9

日本武尊が千駄木の地に創祀したと言われる古社。江戸時代徳川綱吉が社殿を奉建した翌年1706年以降そのままの姿を保ち、現在は国の重要文化財となっています。

松陰神社

東京都世田谷区若林4-35-1

西洋文学に励み若者たちに広めた、吉田松陰が祀られています。白い石畳が続く趣ある境内の先には、吉田松陰の墓所なども見られます。

吉良邸跡

東京都墨田区両国3-13-9

吉良上野介の旧邸。わずか1年半暮らした広大な屋敷は、その後地元の有志によって土地が買い戻され、東京都の本所松坂町公園となりました。

勝海舟生誕地碑

東京都墨田区両国4-25-24 両国公園内

蘭学を学び邦人としては初の太平洋横断を成し遂げた、勝海舟が生まれた地です。両国公園内には由来碑などが置かれ、その功績が称えられています。

史蹟 関口芭蕉庵

東京都文京区関口2-11-3

1677年、松尾芭蕉が神田上水の工事を手がけていた時に住んでいた居住地。当時のまま手を加えず、豊な緑と小さな池を眺めていると都会とは思えないほどの静けさです。

関連タグ
関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 関東エリア
いよいよ12月

今年もあとわずか。街にはクリスマスの雰囲気も漂い始めています。12月初めにかけて見られる紅葉のピークも見逃せません。

2013/06/30 更新