【東京】これぞ本場の味、老舗の江戸前寿司

たまにはちょっと贅沢に、江戸のお寿司はいかがですか?ぴかぴかのシャリと新鮮なネタ、そして一緒に握られる、受け継がれてきた伝統をどうぞ。

スポンサーリンク

壽司清

東京都台東区浅草1-9-8 すしや通

明治から創業しているお寿司屋さんです。都内にも数店舗ありますが、築地が本店です。1階はカウンターのみで、2階にテーブル席があります。

紀文寿司

東京都台東区浅草1-17-10

いただくなら、特上かおまかせのどちらかがいいかもしれません。特上には、マグロの他に赤貝やえび、穴子、いかが入っています。

喜楽鮨

東京都中央区築地3-10-4 前川ビル1・2F

白身を基本として扱っている寿司店です。ヒラメやカワハギ、おこぜなど、淡白な味かと思いきや、かなりしっかりとした味が付いています。

鮨 からく

東京都中央区銀座5-6-16 西五番館 B1F

寿司には日本酒や焼酎だという固定観念がありますが、実はワインとも相性がいいんです。ソムリエ資格も持つ職人さんが厳選したワインが飲めます。

築地寿司岩 総本店

東京都中央区築地2-15-12

お昼は松ちらしという、えび、マグロ、ウニがギュッと詰まった丼物があります。予約すればコースもあるようです。5250円から8400円です。

辨天山 美家古寿司

東京都台東区浅草2-1-16

コースには握り10貫がついた浅芽から、握り17貫と巻物1つがついた美家古まであります。頼めば1貫から握ってくれるようです。

すし乃池

東京都台東区谷中3-2-3

穴子寿司が名物となっています。身がほくほくの穴子は、口の中に入れると溶けてなくなるような感覚です。他のネタは食べず、穴子だけ食べる人もいるようです。

二葉

東京都新宿区神楽坂3-2 Kビル 1F

お店に来た人のほとんどが注文するのが、ばらちらしです。まぐろのづけを中心に、数の子やイクラなどの食感が楽しめる食材をふんだんに使っています。

銀座寿司幸本店

東京都中央区銀座6-3-8

個室もあるのでまさにそこは料亭のようです。一品料理が出てきた後に、本格的な握りをいただきます。好みに応じて出してもらえます。

帆掛鮨

東京都千代田区東神田2-10-3

メニューにあるちらしは、一つ一つの具材がとても大きいです。普通か大盛りかが選べます。100円しか違わないので、大盛りのほうがお得かもしれません。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 関東エリア
いよいよ12月

今年もあとわずか。街にはクリスマスの雰囲気も漂い始めています。12月初めにかけて見られる紅葉のピークも見逃せません。

2013/07/02 公開