【東京】老舗のお団子屋さんでちょこっと休憩

観光や散歩の合間のおやつには、お団子がぴったり。柔らかいお餅と多様な味、あたたかいお茶もご一緒に。お家に持って帰って楽しむのもおすすめです。

スポンサーリンク

羽二重団子 本店

東京都荒川区東日暮里5-54-3

大の甘味好きで知られる文豪・夏目漱石も認めた、東京が誇る和菓子です。有名な『羽二重団子』はこしあんに包まれた餡団子と、生醤油をつけてこんがりと焼き目を付けた焼き団子の二種類ともにおススメですよ!

高木屋老舗

東京都葛飾区柴又7丁目7-4

東京柴又にある老舗のお店は、いつもお客さんで賑わっています。葛飾名物の『草だんご』は特選のコシヒカリをはじめ、国産の上質な材料にこだわり作り上げられた、一級品の和菓子です。

言問団子

東京都墨田区向島 5-5-22

可愛らしい三色のまるい『言問団子』は、おもたせにしてもよろこばれる人気の品です。単純に色が違うだけでなく、中が小豆餡だったり、味噌餡が入っていたりと味のちがいも楽しめます。

茂助だんご

東京都中央区築地5-2-1

和菓子ならではのやさしいあまさの『茂助だんご』は、毎日食べても大丈夫な絶品グルメです。こしあんを使った団子だけでなく、醤油に浸してから軽く焦がした団子も手が止まらなくなるおいしさです。

桃太郎

東京都台東区西浅草2-13-10

昔ながらの店構えで売られているのは、懐かしくておいしいお団子や大福といった和菓子の数々です。老若男女に好かれる、上品かつやさしい味わいのお菓子は一度は食べておきたい隠れた絶品グルメです。

和菓子 埼玉屋小梅

東京都墨田区向島1-5-5

日本人が好きな春を告げる花、桜。その花を生かし作り上げた上質な甘さが魅力の本格上用まんじゅうは、程よい桜の塩気とあんこの甘みのバランスが素晴らしい、東京和菓子の逸品です。

深川 伊勢屋 平野店

東京都江東区平野1-2-1

あまからのタレが絡んだつやつや輝く焼き団子、国産材料にこだわり作られた上質な豆大福など人気商品目白押しのお菓子屋です。和菓子はもちろんのこと外はもちもち、中はトロトロの『深川チョコ』もおススメです。

笹屋菓子舗

東京都文京区根津2-19-12

防腐剤などを一切使用せず、ひとつひとつ職人が丁寧に作りあげる和菓子はまるで芸術品のような気品を漂わせています。特に五層の色が重ねられた『蓬莱山』は和菓子好きならチェック必須の銘菓です。

青野総本舗

東京都港区六本木3-15-21

こしあんを求肥で包み、きな粉をたっぷりとまぶした『鶯もち』をはじめ有名なお菓子を有する、人気の和菓子店です。Rosalba誌とのコラボ企画として発売された『栗いろは』は非常に美しくおいしいです。

平塚亭

東京都北区上中里1-47-2

絶妙の香ばしさとモチモチ感がたまらないどら焼きや、しっとり焼き上げられたお団子など三時のおやつにぴったりの和菓子が揃っているお店です。懐かしくておいしい和菓子は思わず笑顔になること間違いなしです。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 関東エリア
いよいよ12月

今年もあとわずか。街にはクリスマスの雰囲気も漂い始めています。12月初めにかけて見られる紅葉のピークも見逃せません。

2013/07/02 公開