【修学院】京都の、修学院周辺の観光スポット

京都の修学院エリアには、京都三大祭である葵祭を開催する下鴨神社、修学院離宮など見所のある観光スポットがたくさんあります。また宮本武蔵にゆかりのある一乗寺も。修学院周辺の観光スポットをご紹介。

スポンサーリンク

百萬遍知恩寺

京都府京都市左京区田中門前町103

百萬遍知恩寺は、疫病封じの百萬遍念仏で知られる。住職の第八世善阿上人が、悪病を治める百萬遍の念仏を唱えたことから、後醍醐天皇から「百萬遍」の号を賜ったと伝わる。境内には、釈迦堂や阿弥陀堂などが立つ。

曼殊院

京都府京都市左京区一乗寺竹ノ内町42

曼殊院は、天台宗の門跡寺院。不動明王(黄不動)は三大不動の一つで国宝。重要文化財である小書院には狩野探幽作と伝わる襖絵がある。

八大神社

京都府京都市左京区一乗寺松原町1

八大神社は、宮本武蔵ゆかりの神社。様々な種類のご利益があるとされる。境内にある下り松の下で、宮本武蔵が吉岡一門と決闘したと伝えられている。

白川通

京都府京都市左京区

白川通は、独特の雰囲気が魅力的な通り。通りにはアンティークな店やエスニック料理店なども多く、独特の雰囲気をつくっている。近くには京都芸術短大・京都造形芸術大がある。

赤山禅院

京都府京都市左京区修学院開根坊町18

赤山禅院は、方除けの神として京都御所を護る。拝殿の屋根には日吉大社の神猿の像があり、京都御所を見守っている。都七福神の一つ福禄寿神でもある。

詩仙堂

京都府京都市左京区一乗寺門口町27

詩仙堂は、石川丈山が建てた山荘。壁には、中国の詩家36人の肖像画「中国三十六詩仙像」(狩野探幽作)がある。庭園は白砂の美しい回遊式庭園で、四季折々の花も美しい。

修学院離宮

京都府京都市左京区修学院藪添

修学院離宮は、建物と自然の調和が美しい離宮。比叡山の裾野にある。敷地は約54万5000平方メートルと広大。下御茶屋、中御茶屋、上御茶屋という3つの庭園で構成。自然と建物のコントラストが素晴らしい。

北白川天然ラジウム温泉

京都府京都市左京区北白川地蔵谷1-125

北白川天然ラジウム温泉は、全国有数の天然ラジウム温泉。効能は動脈硬化症、貧血、胃腸病など。源泉は裏山の花崗岩の割れ目から湧き出ている。泉水は飲用も許可されている。

糺ノ森

京都府京都市左京区下鴨泉川町

糺ノ森は、賀茂川と高野川の合流地点の森。河合神社から下鴨神社まで、約12万平方mの広大な森が広がる。中には樹齢千年を超える老木も。土用の丑の日に、足を森の中の川につけて健康を祈る習わしがある。

一乗寺下り松

京都府京都市左京区一乗寺下り松町

一乗寺下り松は、宮本武蔵と吉岡一門の決闘の地として知られる。吉岡の門弟は、足利将軍家の剣道指南役を行っていた。このため、「宮本・吉岡決闘之地」の碑が立っている。

金福寺

京都府京都市左京区一乗寺才形町20

金福寺は、松尾芭蕉や与謝蕪村と縁が深い寺。864年、安恵僧都が創建。同寺の鉄舟和尚が芭蕉との縁から芭蕉庵を建て、その後与謝蕪村が庵を再興したと伝わる。蕪村の墓もある。

圓光寺

京都府京都市左京区一乗寺小谷町13

圓光寺は、紅葉と新緑の美しい庭園が有名寺。当時の木製活字を多く保存しており、重要文化財に指定されている。当時は武士や僧侶のための学校であったが、現在は臨済宗南禅寺派の寺となっている。

下鴨神社

京都府京都市左京区下鴨泉川町59

下鴨神社は、国宝の本殿と、多数の重要文化財がある神社。平安京造営以前に、京を治めていた古代の豪族賀茂氏の氏神社。京都で最も古い神社の一つとされる。5月15日に、京都三大祭である葵祭が開催される。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 関西エリア
いよいよ12月

今年もあとわずか。街にはクリスマスの雰囲気も漂い始めています。12月初めにかけて見られる紅葉のピークも見逃せません。

2013/01/31 公開