専門の店員さんに直撃取材!ベビーカーの選び方

ベビーカー選びのポイントはここ

1.赤ちゃんの乗り心地を考慮する
2.ベビーカーの押し心地、走行性をチェック
3.ライフスタイルに合っているかをイメージする
4.メンテナンスやアフターフォローの有無

ベビーカーは各ブランドから国内海外を含め、さまざまな種類があります。機能もさまざま、個性もさまざまです。その中で、その人にとって一番いいベビーカーとはどのようなものなのでしょうか。今回はどのような点を見ればいいのか、どこをチェックしたら良いのか、「失敗しないベビーカーの選び方」をベビーカー専門の店員さんに聞きました。

1.赤ちゃんの乗り心地

赤ちゃんの乗り心地を、まず一番に確認したいところです。また、シートのクッションは赤ちゃんの自然な動きを妨げないか、通気性はあるかなども触って確認をしてみましょう。シートの位置もあまり低いと、アスファルトの熱の跳ね返しやほこりが赤ちゃんに近くなってしまうのでおすすめしません。現在のベビーカーは、シートの位置が高くなっているものが多いのはそのためです。
また、ベビーカーのタイヤが走行中に衝撃を吸収してくれるかどうかも乗り心地に関わってくるのでしっかり確認をしましょう。その他、ベビーカーによっては、首がすわる前の新生児は乗れないものもありますので、要注意です。

2.ベビーカーの押し心地、走行性

押し心地のチェックをしっかりと行いましょう。特にママは赤ちゃんを抱っこしたり、荷物を持ちながらベビーカーを押す状況もあるでしょう。そんな時に、片手でも小回りがきき、スムーズに動くベビーカーは便利なのでおすすめです。また、走行性もチェックしましょう。特に凹凸道が近所にあったり、芝生の公園などによく出かけたりするなら尚更です。お試しができるのでしたら、一度は走行して確認できればいいですね。凸凹道の衝撃を吸収し、どんな道もスムーズに走れるベビーカーなら、おでかけの負担も少なく、外出も楽しくできるでしょう。

3.ライフスタイルを思い出す

ベビーカーの人気は二分化しています。持ち運びも楽で、軽くてコンパクトなベビーカーか、タイヤなどがしっかりしていて、走行性や赤ちゃんの快適性を重視するベビーカーの二つです。まず、バスに乗ることが多い方、マンションの階段を上がる方など、ベビーカーを持ち上げることが多いママには「軽量タイプ」のベビーカーをおすすめします。ベビーカーと赤ちゃん、そして荷物が重なれば、持ち上げる重量はかなりの重さになってしまいます。毎回となると、その重さのせいで出かけるのもおっくうになってしまうかもしれません。
次に、電車移動が多いママや買い物もベビーカーを使うことが多いというママならば、機能性を重視。多少本体自体の重量があっても、重い荷物も運べるようなベビーカーがいいでしょう。
街中では小回りのきくタイプが便利なので、操作性も重視してほしいところ。また、駅改札の通れるような幅のベビーカーを選ぶと、混雑時でもストレスなく通れておすすめです。

4.ベビーカーのメンテナンスやアフターフォローの有無を確認

ベビーカーもメンテナンスは必要です。とくにエアタイヤを使っているベビーカー(エアバギーのココモデルなど)は月に一回の空気補充が必要です。自分たちでメンテナンスが行えれば一番ですが、ベビーカーは乗り物なので使っているうちに、消耗してくる部分もあります。アフターフォローやメンテナンスを行っている店舗ならば、何かと安心してベビーカーを使い続けることができるでしょう。

今回お話をしてくれたアドバイザー

「エアバギー」GMPインターナショナルプレス 富山友理子さん
エアバギーを担当してから8年目。ベビーカーやお出かけにまつわるベビーグッズのプロフェッショナル。「エアバギーのスタッフは全員がベビーカーコンシェルジュなので、聞きたいことがあれば何でもご相談ください」。