アートのイベント
見て食べる体験型デジタルアート展

食神さまの不思議なレストラン

https://tabegamisama.com/
終了
2017/01/28 〜 2017/05/21

「和食」をテーマに、最先端の映像技術と特殊効果を駆使したデジタルアート展が開催されます。展覧会にあたり、和食の世界を表現するのは、世界で活躍するデジタルアート集団「モーメントファクトリー」。日本でエキシビジョンを手掛けるのは本イベントが初。また、展示の最後には、参加者全員に"神様のおいなりさん"がふるまわれ、五感で楽しめるイベントとなっています。

©2017 Fumihito Katamura Photograph Office All rights reserved.

各階ごとでテーマが異なる展示コンテンツ

■四季と旬の食材を知る<2階>
和食では旬の食材を使うことにより、四季の移り変わりを表現すると言います。2階の展示は四季と旬の食材を知るインタラクティブコンテンツ。最大7.75メートにもなるスクリーンに触れると森が春夏秋冬に変化し、四季の移り変わりが体験できます。

■和食の調理法を知る<2階>
「煮る」「焼く」「蒸す」といった様々な和食の調理方法を、スクリーンに映し出される映像で知るビジュアル展示です。スクリーンに囲まれたスペースに一歩踏み入れると、ボディースキャンが始動。前後左右で映像が移り変わり、迫力満点の映像を体験できます。このスピード感と迫力あるデジタルアートは、モーメントファクトリーならではの演出です。

■出汁・発酵・酒・器への知識を深める<3階>
発酵食品や出汁など、日本の気候と自然が生み出した独自の食材や、和食の美しさを引きたてる器などを知る展示です。映像がスクリーンに映し出せれ、ビジュアルでも知識を深めます。

■お米や自然との共生を知る<3階>
日本の食卓に欠かせない「お米」。田園で育ち、食卓にのるまでの過程を映像で表現したコンテンツです。直径1.8メートルになるお椀に盛られたお米に触れると、お米に映像が投影されます。

一流料理人の展覧会オリジナルご飯を食べる

4階は「空・火・森」をイメージして装飾した3つのエリアから成るレストランスペース。中東久人氏が考案した「神様のおいなり」が参加者全員に振舞われ、和食を目で知り舌で感じることができます。その他にも別料金の期間限定でジョエルロブション氏や村田吉弘氏が考案したオリジナル料理が堪能できます。レストランでは日替わりのメニューも登場。何が食べられるかはその日のお楽しみです。

■神様のおいなりさん
京都にある有名料理旅館4代目主人である、中東久人氏が考案したおいなりさんです。揚げを炊く出汁や風味など、細部にまでこだわった逸品です。

■出汁香る 稲庭うどん
北海道産の昆布をたっぷりと使用した出汁でいただく稲庭うどん。旬に合わせた"出会いもの"とともにいただきます。

■味噌と出汁の相性を考える 3種の味噌汁
日本独自の発酵食材である味噌。地域によってつくられる味噌が異なり、風味や色味も様々です。そんな味噌と相性の良い出汁で作った3種類の味噌汁を味わいます。

MOMENT FACTORY日本初の展覧会

今回のイベントの演出を手掛けるのは、モントリオールを拠点に活躍するデジタルアート集団「MOMENT FACTORY」。サグラダ・ファミリア大聖堂、シルク・ドゥ・ソレイユなど世界をまたにかけ、今までに350件以上ものショーやイベントを作り上げており、なんと今回が日本初の展示会となります。世界中の人々を感動させてきた作品をこの機会に体験してみて。

見て食べる体験型デジタルアート展

デジタルアーツのプロ集団「MOMENT FACTORY」による演出に感動し、料理人による料理に舌鼓。"食"と"アート"の各界のプロによる技が体験できるイベントとなっています。

開催期間

2017/01/28 〜 2017/05/21

時間

10:00 〜 23:00
月〜木:10時〜21時、金土祝前日:10時〜23時、日・祝日:10〜19時
※最終入場は、終了の1時間前

料金

大人(高校生以上):2,000円、子ども(3歳以上~中学生以下):1,000円

開催場所

東京都中央区日本橋茅場町1-8-1 茅場町1丁目平和ビル
スポンサーリンク