【吉祥寺】猫グッズがぎっしり!色んな猫に出会える路地裏の猫雑貨店

2015/06/16 17:59

猫を愛してやまない一人の女性が、吉祥寺の路地裏に猫グッズのみを取り扱うお店を作った。名前は「路地裏猫雑貨マルルゾロ」。一坪程の小さな店内には、猫好きのオーナー自らが選んだ個性的な作品が所狭しと並ぶ。「ただ可愛いだけではなく、本当の猫好きに心から気に入ってもらえる“掘り出し猫”を提供していきたい」と語る店主の飯田 映理子さんにインタビューした。

猫好きのオーナーが始めた猫雑貨専門店

−お店のコンセプトを教えてください
猫の雑貨を販売しています。作家手作りの品や、作家デザインの品が中心で、可愛いファンシーなものよりも、個性的な猫グッズが多く揃っています。色んな猫たちが自由気ままにココに居る、路地裏の猫の集会場のような雰囲気の雑貨店です。

個性的な猫グッズが多く揃う店内

−お店を始めた背景があれば教えてください
猫が大好きで、持ち物も自然と猫のデザインのものを使っていたのですが、なんだか雑貨屋さんには、おめめパッチリのかわい~いファンシーな猫雑貨が多く、「本当の猫好きはソコじゃないんだ!!本当の猫好きのための雑貨を集めよう!」と決めました。そして、自分の好みの猫たちをそのまま揃えて、この店を始めました。

−お店の立地や周辺の様子について教えてください。
吉祥寺・ハーモニカ横丁にある、一坪の狭小店舗です。吉祥寺駅から徒歩2分と、駅近なんですが、戦後の闇市から続く細い路地の横丁内にあるので、レトロな雰囲気も味わえます。向いは一坪の立ち飲み屋さん、隣も一坪のカレー屋さん、斜め前は占い屋さん。なんと、全て2歩で行けます!

ハーモニカ横丁にある、一坪の広さの店舗

手作りの気持ちを込めたこだわりの品揃え

−店内にはどんな猫グッズが置いてあるのでしょうか
特に限定してませんので、Tシャツ・バッグ・文房具・時計・置物・電気スタンド・アクセサリー・陶器などあらゆるものがあります。最近の人気商品ですと、猫の抜け落ちたヒゲを入れるお守り袋「猫のひげのお守り」や、猫のヒゲを差して飾れる陶器の置物「猫ひげスタンド」など、ひげグッズがアツいです。小さな店内に所狭しと陳列してあるので、じっくりお宝を探し当てる感覚で、お気に入りを見つけていただければと思います。きっと、他店にはない掘り出し猫が見つかると思います。

人気の「猫のひげのお守り」

猫のヒゲを差して飾れる陶器の置物「猫ひげスタンド」

−店に置かれている猫グッズは、何を基準にして選んでいるのですか
店を始める前は、ネットで探すのはもちろんなのですが、やはり実際に見てみないと分からない事も多いので、手づくり市やイベントなど、あらゆる場所に足を運びました。ネットの画像ではイマイチな感じがしても、実際に見て触れてみたら、とても素晴らしいものだったり、その逆もありました。基本的に店に置く=プロの品とみなし、「手作りだから」という甘えのない作品を選んでいます。あとは、ちょっと渋めの物、可愛さの中にもクールさや大人っぽさのあるもの。そして、猫愛がビンビン伝わってくるもの(笑)です。

−個人的に気に入っている猫グッズには、どんなものがありますか
個人的に気に入っているのは、店に置いてあるもの全てなんですが…。中でも猫のマトリョーシカ、手刺繍のブローチ、布製の猫型のペンケース等は特にお気に入りです。どの作品も、とてつもなく丁寧に作られていて、完成度がとても高く、何より猫が魅力的なんです。ずっと見ていても全然飽きません。大量生産は決して出来ない作品です。

布製の「猫型のペンケース」

「猫の手刺繍のブローチ」

人生に安らぎや楽しみを与えてくれる猫の魅力

−お客様に喜ばれるために工夫されていることはありますか
猫がぶら下がっているネックレスやピアスがあるのですが、一つ一つが手作りで、サビ、縞三毛、ソックス、長毛など、あらゆるデザインでお願いしています。また、ひげのお守りも全て手描きで、サビや長毛、耳折れ等も描いてもらいました。このように自分の好みを作家さんにお願いして作ってもらった作品を見つけて、「どこに行っても無かったんです~!」とお客様に喜んでもらえることがあるのですが、こちらとしてもとても嬉しいです。

一つ一つが手作りの「猫のネックレス」

一つ一つが手作りの「猫のピアス」

−ハーモニカ横丁でお店を構える楽しさはどんなことですか
ハーモニカ横丁には100件以上お店があるのですが、通りによって商店会が違います。昔ながらの商店街らしく、みんなで掃除をしたり、会合があったり、宴会があったり、お祭りに参加することもあります。皆さん「申し訳ございません」なんて言葉は使わないですね。「ごめんねー」で許してもらえます(笑)。そこの店主の魅力にみんなが集まってくるのでしょうね。訪れる人もリピーターが多く、お店の人も、お客さんも、みんな知り合いなんです。一人で店をやっていても、全く一人に感じません。大きなフロアの1ブースに居る感じがします。

ハーモニカ横丁にある「路地裏猫雑貨 マルルゾロ」

−飯田様にとって猫とはどんな存在でしょうか
猫と一緒に暮らすと、煩わしいこと、面倒臭いことも山ほどありますが、安らぎや楽しい事はそれ以上に沢山あります。たとえ辛いことがあっても、猫と一緒にいるだけで「これが生きていくということなんだなぁ」とプラスに考えられることもあり、生きていくためのメンタルの強さを鍛えてもらっていると感じています。猫はもう、生活の一部というか、いない生活は考えられないです。猫を飼っている方は皆さん、猫の下僕となる喜びを知っているのではないでしょうか(笑)。

  •  
  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事のプレース
路地裏猫雑貨 マルルゾロ
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1-4 ハモニカ横町
詳しい場所を確認する
スポンサーリンク