【京都】学生街にあるBEER PUBで、ゆっくりとお酒に向き合う

2015/08/24 13:54

繋がりを大切にする店は、常連客が多い。同志社大学近くに、営んでいる系列店の中で初めて学生街に出店したというビールパブがある。バーカウンターで居酒屋では飲めないカクテルなど目の前で作ってもらえる。「これ、美味しい!」など学生さんの初めてとよく出会うそうだ。「社会人になった時にうちでの経験が何かの役に立てれば嬉しい」と語る「Küppers Kölsch(キッパーズ ケルシュ)今出川店」の店長・小松晃瑠さんにお話を伺った。

学生様もお酒の種類や味にゆっくり向き合えるお店でありたい

−お店のコンセプトを教えてください

日本に居ながら世界のビール、ウィスキーやカクテルなどを年代問わず楽しんでいただきたい。そして、人と人の繋がりを大切にしていきたいという目標があります。スタッフとお客様はもちろん、常連様になるとお客様同士で話しが弾むこともあります。「もしキッパーズが無かったら知り合っていなかったかも」と思ってもらえれば、このお店の存在価値があると思っています。

−お店を始めた背景があれば教えてください

初の学生街での営業です。そこで第一に思ったことは、お酒の種類や味にゆっくり向き合えるお店でありたいと思いました。今は、居酒屋さんでもカクテルなどの種類が増えています。しかし、お客様から見えるBARカウンターで、目の前でカクテルを作るお店は少ないかと思います。そのようなお店を身近に親しんでいただければと思いました。

バーテンダーが目の前でカクテルを作ってくれる

−来店したお客様に、お店でどのような体験をしてもらいたいですか?

学生様にとってキッパーズケルシュ今出川店が入り口となり、PUBやBARの雰囲気を感じてほしいです。また、お酒の美味しさや人との繋がりの大切さを知っていただきたい。社会人となった時にうちでの経験が、何かの役に立っていれば嬉しいなと思います。新社会人で仕事終わりやデートの行き先として、PUBやBARに馴染みがあればお洒落だと思いますから。

世界のビール、100種類以上のカクテルなど、お酒の種類が豊富

−初の学生街での営業とお聞きしましたが、学生さんならではのエピソードなどはありますか?

近年、若者のアルコール離れなど、若い人のアルコールへの考えが変り時代も変化してきていると思います。うちに置いてあるお酒は居酒屋さんでは飲むことが出来ないものがたくさんあるので、学生様の初体験をたくさん立ち会うことが多いです。新発見で「これ美味しい!」と言っていただけた時はすごく嬉しいです。

カクテルは100種類以上

−お店で飲めるドリンクについて、また人気のメニュー、おすすめなどありましたら教えてください

常時4種の生樽ビールと世界の瓶ビールがあります。ビール大国のドイツ・ベルギーをはじめ、ヨーロッパ・アジアのビールが揃ってます。王道からフルーツの味付けがされたフレーバーの変り種まで、飲み比べると新たな発見があるかもしれません。また、カクテルは常時100種類以上あり、季節によっておすすめが変ります。寒い時期ならホットカクテルやカフェカクテルなど。暑い時期ならモヒートやさっぱり柑橘系のカクテルをラインナップしています。

世界各国のビールが揃う

−食事についても人気のメニューを教えてください

やはり、うちはビールパブですからビールに合うおつまみのフィッシュ&チップスが一番人気です。手作りのフリッターをまとったフィッシュは揚げ物なのにしっとりした衣で、中もホクホクしています。また、ピザも自家製生地を使用し、端っこはカリっと中心はモチっとした食感を味わえおすすめです。

ビールによく合うフィッシュ&チップス

一組一組のお客様と向き合うことを意識している

−お店の運営で大切にしていることはありますか?

日々の営業では「気軽に」や「ちょっと一杯」などお客様のいつもの生活に、いかに組み込んでいただけるかを意識しています。学校終わりや仕事終わりに来て下さる方が多いので、気の知れた常連様になると色んなお話をします。ただ、スタッフも喋ればいいというわけではなく、ゆっくりと飲みたいというお客様もいます。その点を考えると空気を読むことが大切かもしれません。お客様のニーズに合わせて、その時々で変わる雰囲気・色んな顔を持ったお店にしていきたいです。

−お客様に喜ばれたこと、何かを工夫していることなどエピソードがありましたら教えてください

初来店の後の二回目の来店の際は一回目と違う挨拶をしています。
「まさか覚えてないだろ」と思われていることでも私達は結構覚えていたりしますから。その時にまた新たなコミュニケーションが生まれ、仲良くしていただけるようになります。あまりお話しにならないお客様もいるのですが、次の来店の際は一言付け加えた挨拶をします。深くはお話しすることはなくても、その一言に気持ちを込めて挨拶することによって、次の来店に繋がっていると思います。

−最後に、これから初めてお店を利用してみたいと思っている方に伝えたいことはありますか?

初めて来られる方は「こういうお店は入りにくいな」とかハードルが高いイメージがある方が多いかもしれません。ですが、PUBというのは酒場という意味なので、居酒屋さんに行くイメージで気軽に来て頂きたいですね。店に入ったら、お酒を飲まないといけないというイメージもよく持たれるのですが、アイスコーヒーなどのソフトドリンクも揃えています。ここだけの話し、実は店長はお酒に弱いんです。

  •  
  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事のプレース
Küppers Kölsch 今出川店
京都府京都市上京区今出川通室町東入今出川町313 SAKURAビル2F
詳しい場所を確認する
スポンサーリンク