【横浜】子連れでも参加可能な少人数制ヨガスタジオ ヨガ哲学の話も丁寧に

2017/10/13 10:11

横浜市磯子区にあるヨガスタジオ「SANANDA YOGA」。こちらは女性を中心とした少人数制のヨガスタジオで、小さな子供連れでも参加可能だという。またレッスンの中ではヨガ哲学の話も丁寧に伝えている。スタジオやレッスンについて、代表の乳井いづみさんにお話を伺った。

小さな子供連れでも参加できる、少人数制スタジオ

−「SANANDA YOGA」はどんなスクールになりますでしょうか
女性専用のスタジオです(プライベートレッスンでは会員のご紹介者の方、ご家族の方に限り男性の方も参加可能です)。入門クラス、産後ヨガクラス、マタニティヨガクラスがあります。産後ヨガでは骨盤底筋群を強化するポーズと母乳の出が良くなるようリンパ節を刺激するようなポーズ、育児で起こりがちな腰痛、肩こりを解消するポーズを多く取り入れています。少人数制なのでお子さんのペースに合わせて進め、お母さんがポーズをとっている間講師がお子様の面倒をみることができます。マタニティヨガはゆったりとした動きで股関節周りを柔軟にするポーズ、出産への不安を和らげる瞑想や呼吸法を重点的に取り入れています。また入門クラスは運動量が比較的多めで太陽礼拝に始まりバランスよく様々なジャンルのポーズにチャレンジしていきます。

-生徒さんはどのような方が多いですか?
初心者の方、小さなお子様連れの方、妊婦さん、ヨガ哲学に興味のある方が多くいらっしゃいます。
レッスン中の授乳・おむつ替えは自由に行っていただけます。月謝ではなく都度払いもしくは回数券制ですので自分のペースで通えます。レッスンは予約制ですがキャンセル料はかからないのでお子様の急な体調不良などでお休みする場合の負担がないようにしています。

クラスの始めにはヨガ哲学の話を伝える

-レッスンで力を入れている点を教えてください
クラスのはじめにヨガ哲学の話をしています。ストレス社会で生きる私たちにとって古代インドの賢者たちの智恵は心の特効薬となります。今から2千年も昔に設立されたとされるヨガの2大経典「ヨガスートラ」「バガバッド・ギータ」は日本語に翻訳され出版されていますが、一人で読み解くには少し難解です。レッスンでは講師の体験談を織り交ぜながら経典の中からその日のテーマを楽しく共有し、自身の心を見つめる時間を持つようにしています。ヨガの教えは山に籠って断食しなければ悟りが開けないような難しいものではなく、社会人生活をおくりながら、考え方一つで目の前の世界を望むものに変えることができるのが大きな魅力です。私自身妊娠中に陣痛に恐怖を感じていたり、育児ノイローゼになりかけた時にヨガの教えから気づきを得、前向きな気持ちになることができました。ヨガは難しいポーズに挑戦するものというイメージが強いですが、ヨガを実践する過程で自分の身体と向き合い変化や気づきを得、人生を生き生きと過ごせる助けになってくれたらと思います。

-「ヨガ哲学の話」は例えばどのようなものでしょうか
ヨガでは「起こることすべてに意味がありベストなタイミングで起こっている」と考えます。自分の思いどうりにいかない時も悲観せず、より素晴らしい未来へのステップだと前向きに捉えることもできます。私は5年前に第一子を出産し今の自宅がある地区に引っ越しました。最初は坂が多く買い物にも一苦労、都心のような魅力的な遊び場がないことを残念に思っていました。しかし現在では必要に迫られてできなかった車の運転ができるようになり、車で15分程度の場所にある動物園や水族館に遊びに行っています。引っ越したことは子育てをする私にとってベストな選択だったと今では思っています。もし日々不満だらけで生活している方がいたら、望む方向とは違ったとしても目の前の流れに身を委ねてみてはいかがでしょう。その先に素晴らしい景色が広がっているかもしれません。

−レッスンに参加された方に、どんな体験をしてもらいたいですか
私自身ヨガを始めたばかりの頃、とても体が硬くあぐらで座るのも苦労するほどでした。さらにレッスン中は心地よく身体を動かせて爽快な気分になれても一歩スタジオの外にでると人間関係でイライラし、苦手なものが沢山あり、デスクワークで肩こりと冷えに悩む日々でした。しかしヨガの学びを深めヨガが生活の一部になった今では身体が柔軟になるにつれて頑固だった思考も柔軟になりました。ヨガは日常生活とは切り離した静寂な空間で奇抜なポーズをするイメージがありますが、マットの外に出てからもヨガをしている時と同じような平和な気持ちを保つことが理想だと思っています。そのためにスポーツジムなどではしないヨガの哲学的な話をなるべく自身の実体験を交えて紹介し、解剖学的なポイントも説明するようにしています。例えば普段の姿勢に対する意識。人は背中を丸め下を向く姿勢を取ると気分が落ち込みやすくなり、反対に胸を開き目線を上げると前向きな気分になっていきます。姿勢一つで毎日の気分、行動の傾向、性格までもが影響を受けているのです。普段の自分の身体への興味をもち、生徒さんにはヨガスタジオのうちでも外でもエネルギッシュで人生をたのしんでいられるようになってほしいと思っています。

  •  
  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事のプレース
SANANDA YOGA
神奈川県横浜市磯子区杉田2-8-14
詳しい場所を確認する
スポンサーリンク