秋の味覚狩りに行こう!これぞ定番の味覚狩り6選

2016/09/01 16:32

味覚狩りは、食欲の秋にぴったりのレジャーですよね。

採れたてのフレッシュな味が楽しめるのはもちろんのこと、秋晴れの空の下で体を動かせるのも気持ちがいいですよね。また果樹園や農園では、生育環境やそれを育む生産者さんの思いや苦労を直接お話することもできます。

スーパーで当たり前に並んでいるフルーツが、実際に木に実っているのを見るのは少し感動しますよ!ぜひ友人で家族でお出かけしてみてください。

ここからは代表的な秋の味覚とおすすめスポットをご紹介していきます。

ハサミいらずで子供も楽しめる梨狩り

秋の味覚の中でも、一般的であるのが「梨」でしょうか。旬の梨はとてもみずみずしく、一口かじるだけでも果汁がじゅわっと溢れるのがたまらないですよね。梨は品種によっては、はさみを使わなくても梨の果実を上に持ち上るとすんなりと採ることが出来ます。なので小さなお子さんでも簡単に参加できます。ところで食べごろの梨の選び方はご存じですか?梨狩りにお出かけた際にも参考になる、梨の見分け方のコツを3点紹介します。

<おいしい梨の見分け方>
・皮に張りがあるもの
・皮の色にムラがないもの
・梨のお尻側がふっくら広がっているもの

梨の伊藤園

千葉県にある「梨の伊藤園」では新高、豊水、かおり、幸水、秋月の5品種を栽培しています。園内で梨は食べられないので、収穫した梨は買取りになるので家に持ち帰ってじっくりと梨を味わってください。

場所: 〒272-0801 千葉県市川市大町507
電話番号: 042-978-0327
収穫時期: 9月上旬〜10月上旬 (品種により異なる)
営業時間: 10:00〜17:00
予約: 10名以上は要電話確認
定休日: 期間中無休
料金: 700円〜900円/kg
    ※1グループ3kg以上の刈り取りが必要
詳しい場所を確認する

梨狩りスポットを探す

若い木のぶどうを狙おう!ぶどう狩り

ぶどうの種類はとても多いですが、よく聞くのは「デラウェア、巨峰、ピオーネ」ではないでしょうか。ぶどう狩りにおでかけするのにおすすめの季節は、品種にもよりますが8月中旬から10月頃までです。また、ぶどうは日当たりが良く比較的若い木の方が甘いと言われてます。ぶどう狩りにおでかけした際には日当たりの良い木から収穫するのがおすすめです。

元祖さくらんぼ清果園

山梨県にある元祖さくらんぼ清果園では主にさくらんぼとぶどう狩りが体験できます。扱っているぶどうの品種は、巨峰、ピオーネ、甲州、甲斐路。こちらでは収穫したてのぶどう食べ放題ができます。もぎたてのぶどうを好きなだけ食べられる夢の体験ができますね。

場所: 〒400-0214 山梨県南アルプス市百々1212
電話番号: 055-285-0360
収穫時期: 8月上旬〜10月下旬 (品種により異なる)
営業時間: 9:00〜16:00
定休日: 期間中無休
予約: 要予約
入園料: 巨峰・ピオーネ 1500円(ひと房お土産付)
     甲斐路 2000円(ひと房お土産付)
     甲州 500円(ひと房お土産付)
     ・40分間食べ放題
     ・幼児(2歳以下)の入園料無料
駐車場: 乗用車20台、バス2台(無料)
備考: 入園者数に制限あり。定刻前に終了する可能性あり
詳しい場所を確認する

ぶどう狩りスポットを探す

栄養たっぷりでおいしい柿狩りを楽しもう

道端や民家の庭先に成っているイメージが強い柿。そのまま食べるのも十分においしいのですが、スイーツに変身させたりサラダに合わせたりと楽しみ方が多いのも魅力です。柿狩りに行ったら、やはりおいしい柿を収穫したいもの。食べごろの柿の見分ける方法は2つ。まずヘタの色を見ましょう。ヘタの色はほんのりとでも緑が残っているものが理想です。次に皮の色を見ます。全体的に濃いオレンジ色であるのが甘い証拠。皮の色は、オレンジの濃いものを選ぶのがおすすめです。

水田園

東京都の東村山市にある「水田園」では完全無農薬の次郎柿を収穫体験することができます。
kgあたりの料金でのお持ち帰りもできますが、1籠詰め放題という企画もやっていますのでスーパーの詰め放題大好き!な方にはこちらがおすすめです。

場所: 〒189-0011 東村山市秋津町4-33
     ※梨園とは場所が異なるため注意
電話番号: 042-392-1708
収穫時期: 10月下旬~11月下旬
営業時間: 10:30〜16:00(入園15:00まで)
予約: 要予約(完全予約制)
料金: 600円/kg 詰め放題は1籠 1000円
駐車場: あり
備考: 柿畑にはトイレがありません
詳しい場所を確認する

柿狩りスポットを探す

手で直接収穫できて満足感もたっぷり!りんご狩り

お店には季節を問わず並んでいるようなイメージのある「りんご」ですが、旬は秋から冬です。秋の実りの定番とも言えるでしょう。りんごも梨と同じで、はさみ等の刃物は要らず、手でも簡単に獲ることが出来ます。ハサミを使わないので、子供連れでも安心して味覚狩りが楽しめます。りんごはお尻を見て黄色くなっていれば食べ頃で、ずっしり重いと、熟していて蜜が多く入っている証拠です。

道の駅『なみおか』アップルヒル

青森県青森市にある「道の駅『なみおか』アップルヒル」は、全国でも珍しい道の駅にある農園。秋のドライブと合わせて味覚狩りも楽しめます。扱う品種は、サンつがる、千秋、北斗、ジョナゴールド、王林、サンふじです。収穫体験ができるのは1日5回。事前予約が必要なので、必ず問い合わせてくださいね。

場所: 〒038-1331 青森県青森市浪岡大字女鹿沢野尻2-3
電話番号: 0172-62-1170
収穫時期: 9月上旬~11月上旬
時間: 10時、11時、13時、14時、15時
予約: 要予約(8名様以上)
料金: 大人(中学生以上)500円(4個もぎとり)
   小人350円(3個もぎとり)
備考: 天候により、中止の場合あり
詳しい場所を確認する

りんご狩りスポットを探す

冬が本番?いいえ秋から収穫できるみかん狩り

みかんといえば、冬のイメージですが10月の下旬からみかん狩りが可能です。みかんの樹真ん中あたりになっているみかんは甘くておいしいと言われています。また、形はやや平べったいものが甘いそう。ついつい丸いものに手を伸ばしてしまいそうですが、みかん狩りの際には覚えておくと良いでしょう。またみかんは1つが小さいので、他のフルーツに比べて持って帰れる数が多く、家に持ち帰っても長く楽しめるのも魅力かもしれません。ただ、みかんは悪くなるのが早いので、消費までにしばらくかかりそうな時には、涼しくて通気性が良い所に置いておくようにするのがベストです。下にあるものが潰れてしまうので、出来るだけ下にあるみかんから消費するようにしてください。

秋津野ガルテン

みかんの収穫量が全国トップの和歌山県にある「秋津野ガルテン」は、元校舎を再利用し、宿泊も出来る施設になっています。

場所: 〒646-0001 和歌山県田辺市上秋津4558-8
電話番号: 0739-35-1199
収穫時期: 通年
受入対象年齢:3才以上(小学生以下は保護者同伴)
定休日:なし
予約: 3日前までに要予約
料金: 体験料金 1550円
駐車場: 乗用車50台、バス台
アクセス:阪和自動車道南紀田辺ICから約10分、紀勢本線紀伊田辺駅から約15分
詳しい場所を確認する

みかん狩りスポットを探す

ほくほく美味しいサツマイモ!芋掘りはワクワク楽しいもの

サツマイモの魅力は、焼いたり蒸かしたりした時のそのほくほくした触感と甘さでしょう。お菓子としても楽しめ、子供から大人まで楽しめる旬の食材です。そんなサツマイモは、土中にあるので掘り起こすのもとても楽しいものです。
サツマイモは、掘りたてよりもしばらく保存した後の方が甘くなるので、すぐに消費しなくても大丈夫です。冷蔵庫やビニールに入れての保存は避け、1つ1つを新聞紙に包んで15℃くらいの場所に保管してください。

津久井浜観光農園

神奈川県にある観光農園。
9月10日~11月13日の期間で、生育状況にもよりますが午前9時~午後3時まで
土、日、祝のみの開園となっています。

場所: 〒239-0843 神奈川県横須賀市津久井5-15-20
電話番号: 046-849-4506(津久井浜観光農園事務局)
収穫時期: 9月上旬〜11月上旬
営業時間: 9:00〜15:00 ※土、日、祝のみ開園
料金: 1人5株 950円
アクセス: 京浜急行津久井浜駅下車 徒歩20分
期間中の土日祝は津久井浜駅より送迎バスあり
詳しい場所を確認する

さつまいも掘りスポットを探す

おわりに

秋には様々な実りがあり、私たちを楽しませてくれます。
アウトドアがお好きなカップルやお子様たちとの思い出作りにご家族で、秋の味覚をもぎ取りにでかけませんか?

  •  
  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク