【京都】アートに音楽、旅…“人生のきっかけ”をもたらす人や作品と出会あえるカフェ

2015/09/03 19:14

世界遺産の上賀茂神社まで徒歩3分。四季折々の京都の景色を楽しめる地にある「Cafe Turning Point」は、大道芸が本職であるという店主が経営する一風変わったカフェだ。「人や作品の出会う場でありたい」という、クラウンななしさんにお話を伺った。

店主は大道芸人!経験を通じて作られた「人や作品と出会う場所」

−こちらのお店の特徴について教えてください

当店は、店主である私の本職が大道芸人という、一風変わったカフェになっています。2015年3月にオープン4年目に突入しました。店内には、私が世界を旅した時の雑貨がいっぱい飾ってあったり、インディーズや路上ミュージシャンの音楽が流れていたりします。訪れた人に新しい出会いを提供できる居心地の良い空間を目指しています。

「Cafe Turning Point」店主、クラウンななしさん

−大道芸人としては、どのようなパフォーマンスをされてきたのですか?

ファイヤーパフォーマンスやジャグリング、パントマイムなどです。日本だけにとどまらず、世界中を旅してきました。特に印象に残っているのはタイのバンコクですね。観光客や旅人の多い街だったこともあり、子どもから老人まで、白人、黒人…と、パフォーマンスをしながら見渡すと色んな年代の人、国の人が見てくれていたことをよく覚えています。

−どのようなきっかけでお店を開かれたのでしょうか?

10代20代の頃は色々な刺激や出会いを求めて、あちこち旅をしてきたのですが、30代になり、過去の自分が経験した出会いやきっかけを与える側になりたいと感じるようになりました。「人や作品に出会う場」、そんな場所を作りたいという思いからお店を開くに至りました。

「人や作品に出会う場」でもある。

「刺激、出会い」のひとつとして、会話を通じ広がる旅のスパイラル

−お客様にお店でどのような時間を過ごしてほしいとお考えですか?

飲食を楽しみながら、私との会話、たまたま居合わせたお客同士で会話などを楽しんでほしいなと思いますね。1人だけが居心地良いということではなく、それぞれにとって居心地の良い空間であれたらいいなと思います。新しい人との出会い、いつものカフェの雰囲気、一人で過ごすゆったりした時間など、各々がシンプルにこの空間を楽しんでくれれば嬉しいです。

店名の通り、"きっかけ"を提供する居心地の良い空間だ

−お客様と話されたことで印象的なことはありますか?

私が過去にしてきた旅の話しをしたところ、触発された学生が旅に出たことがありました。旅スパイラルの発生ですね。当店のお客様は、男女は半々ぐらい、社会人2割、学生8割といった感じなのですが、いつの間にか旅の相談にくる学生が続出するようになりました。最終的に、自分も我慢できなくなって、お店を休みにして旅に出てしまったこともありました(笑)お店を通じて、こんな旅スパイラルが広がり続ければ楽しいなぁと思っています。

−クラウンさんが経験されてきた旅で、一番印象的な出来事を教えてください

一番印象的なのは…多すぎて決められない、というよりわからないですね~。チベットへ行くために乗り込んだ闇バスの話、アンコールワットのもっと奥、マチュピチュへの裏道、インドの日常、ナイフ持った5人組に追いかけられ逃げ回った深夜2時のフランスなど、たくさんのエピソードがあります。旅というものは、それだけ多くの「刺激と出会い」に溢れているものなんだなと改めて思います。ただそれは、旅に限らずいつもの日常にも多くあって、この店を訪れるお客さんにも数多く訪れる「刺激、出会い」のうちのひとつに当店が入ってくれたら嬉しいです。

ギャラリーやイベントを通じて“あってよかった”店でありたい

−店内にギャラリースペースを設けられていると伺いました

そうですね。無料で使えるギャラリースペースを併設していて、店内は入れ替わり立ちかわりでいろんな作品であふれています。展示したいと問い合わせしてくる方も、趣味でやっているような人から学生、セミプロまで様々です。ネットで知った、口コミで知ったというお問い合わせを頂きます。ジャンル、レベルなどの審査は設けていないですが、無料だからということで生まれてしまう甘えのようなものがお互いに出ないように気をつけています。

ギャラリーも併設。無料で使用することができる。

−イベントなども行われているのですか?

月一恒例飲み放題ナイト、ボードゲームの会、染物会など、様々なイベントを定期的に開催しています。席がカウンター7席と座敷8席と、こじんまりとしているので、お客様同士の距離も近いせいか、皆さん、いつの間にか飲んだり食べたりしながら仲良くなっていることが多いです。

−最後に、これからお店に来られる方へメッセージをお願いします

これからの人生で、あってもなくてもどっちでもよかったくらいのきっかけ。お店なんて、それくらいの存在でちょうどいいと思うんです。それとは矛盾するかもしれませんが、10年後20年後振り返った時に「あの店があってよかった」「あの店があったから、なんとなく今の自分がある気がする」と思ってくれる人が1人でも2人でもいれば、こんなに嬉しいことはありません。

  •  
  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事のプレース
Cafe Turning Point
京都府京都市北区紫竹上堀川町15-12
詳しい場所を確認する
スポンサーリンク