【千葉】寝るヨガに歌のヨガ、「体験型ヨガリトリート」であらゆるヨガに触れる2日間

2017/08/21 09:06

ヨガのレッスンのイメージといえば、週に1-2回ヨガスタジオに通うというものではないだろうか。そんなイメージと全く異なる「体験型ヨガリトリート」を実施しているのが今回の「かまらヨガ 華曼羅瑜伽 KAMALA YOGA」だ。通常のヨガはもちろん、瞑想に、寝るヨガ、食のヨガ、歌のヨガなどあらゆるヨガを2日間でみっちり体験する合宿型のプログラムを提供している。ヨガに浸る2日間とはどんな世界なのか、主催者の方にお話を伺った。

あらゆるヨガを体験する2日間、「体験型ヨガリトリート」

-最初に、「かまらヨガ」の特徴を教えてください
「体験型ヨガリトリート」を提供しています。
1日を通してあらゆるヨガを体験できます。呼吸、運動のヨガ、寝るヨガ、瞑想のヨガ、食のヨガ、歌のヨガ、祈りのヨガ、行動のヨガ、生きていることの全てがヨガであることを知るヨガ哲学など、ヨガとは何かを2日間で体験していただくプログラムです。

-なぜ「体験型ヨガリトリート」を始めようと思われたのでしょうか
以前、体の故障をきっかけに毎日ヨガをすれば治るのではないかと思いティーチャートレーニングを受講しました。その過程で、ヨガは体を動かすことだけではなく、呼吸法や食事、リラックスすることや考え方など、日常生活における全てがヨガであることを知りました。これをぜひ多くの人に知っていただきたいと思い、運動のヨガだけではなく他のヨガを体験していただける様に、リトリートを主催しています。

-「体験型ヨガリトリート」のプログラム例を教えてください
例となりますがこのような内容です。
10:00 シヴァナンダヨガベーシック(2種類の呼吸法とマントラを謳い、太陽礼拝と基本の12ポーズをとって、体を動かすヨガ)
12:00 オーガニックヴィーガンランチ(丹精込めて作られた自然栽培の野菜を中心としたお食事のヨガ)
14:00 インド哲学(インドの古い聖典から日常生活やご自分の経験に当てはめながらお話をする学びのヨガ)
16:00 ヴィンヤサフローヨガ(呼吸に合わせて瞑想的に動くヨガ)
18:00 オーガニックヴィーガンディナー
20:00 リストラティブヨガ&ヨガニードラ(体を緩めて心地よくリラックスした後に、寝たままの状態で行う寝るヨガ)

シヴァナンダヨガから瞑想まで、様々な種類のヨガを体験

-あらゆるヨガを体験できるとのことですが、例えばどんなヨガになりますでしょうか
シヴァナンダヨガ、ヴィンヤサフローヨガ、リストラティブヨガ、ヨガニードラ、ラージャヨガなどがあります。

-「シヴァナンダヨガ」はどのように行いますか
マントラを謳うことからクラスが始まり、2種類の呼吸法によって全身に新鮮な酸素を巡らせた後に、太陽礼拝という一連の流れで行う動きを入れ、基本の12ポーズやバリエーションを入れながらポーズをとっていくものです。ポーズの合間にリラクゼーションが入り、最後のシャバアーサナというリラクセーションで、十分に体をリラックスさせる効果が高く、精神的にもとてもリラックするできるヨガです。マントラでクラスを終了します。

-「ヨガニードラ」はどのような内容でしょうか
寝たままの状態で、究極に体をリラックスさせていける様に誘導します。終わった後はとてもスッキリした状態で、視界もクリアになります。これを繰り返していくことで、考えも整理されていくので、余計なストレスを持たなくなります。続けていくうちにリラックスするのが上手になっていき、過去や未来のことで不安になったりすることよりも、今この瞬間が心地よく満たされていることの感覚を味わうことができます。

-「ラージャヨガ」についても教えてください
座ったままの状態で瞑想をしますが、瞑想をするのは意外と難しいものです。長時間座っていられる様に少し動きを入れた後に、安楽座などで座ったまま、誘導によってイメージを頭の中で浮かべていく瞑想法の一つです。そうすることで、余計な考えから解放されて、今この瞬間に身を委ねて心地よさを味わうことができるヨガです。

ヨガの本質を知ることで、日頃の忙しさから解放され、本来の自分を取り戻してほしい

−生徒さんにはどのような方がいらっしゃいますか
初心者から中級者が多いです。ヨガインストラクターさんも多いです。男女ともに社会人として忙しい毎日を送っている方が、その日頃の忙しさから解放される時間を過ごすためにいらしてくださいます。

-「体験型ヨガリトリート」を通じて、どんな経験をしてもらいたいですか
緊張や不安、自信のなさや、忙しさで本当の自分を見失いかけてしまいそうな時、ご自分を静かに内観する時間を設けることで、本来の自信や能力を発揮することができることを知っていただければと思います。

  •  
  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事のプレース
スポンサーリンク