【藤沢】ハワイアンアリボンレイで気軽に楽しむ手芸 様々なアレンジも可能

2017/08/20 16:45

フラダンスを踊る際に身につけていることも多い「ハワイアンリボンレイ」。このハワイアンリボンレイを自分たちで作れる手芸教室が、神奈川県藤沢市にある。ハワイの伝統的な装飾品に由来するハワイアンリボンレイだが、様々な小物へのアレンジも楽しめるものだという。手芸教室の様子について、「ハワイアンリボンレイ・小物のお教室マカナアロハ」で教えるハワイアンリボンレイゴールドインストラクターの松本直子さんにお話を伺った。

ハワイアンリボンレイを中心に学べる手芸教室

−マカナアロハではどんなことが学べますか
ハワイアンリボンレイという手芸の教室です。様々な種類のリボンやビーズ、造花などを使用して首に掛けるレイを作ります。また、アレンジでストラップ・リース・バックチャーム・髪飾り・コサージュ・ブーケなど様々な小物をお作りいただけます。ハンドメイドがお好きな方でしたら、お子さんからご年配の方までお楽しみいただけると思います。

−ハワイアンリボンレイとはどんなものでしょうか
リボンレイとは、レイを 生花を使わずリボンやビーズ・造花などを使用して作るハワイアンクラフトです。レイは、ハワイの伝統的な装飾品で、ハワイに訪れた記念に観光客の首にかけられたり、日本ですとフラをされる方が身に着けたりするものと言えばわかりやすいかと思います。
ハワイではお祝いなどにレイを贈り合います。
リボンレイは、1990年代の半ば頃に誕生しました。リボンレイ創始者のキャロル・ミト先生が、レイを作る為にハワイの美しい花を摘み取られることを悲しく思い、ハワイの美しい自然を守る為に考えついたのがリボンでレイを作ることだったそうです。

ハワイアンリボンレイは、様々な小物にアレンジ可能

−ハワイアンリボンレイは、手芸の中でもどういう特徴があるものでしょうか
ハワイの伝統的な装飾品なので、ハワイのクラフトやフラの方が着けるイメージが強いのですが、レイだけでなく、様々な小物にアレンジ出来ます。ハワイやフラに関係なくどなたでも気軽に楽しんでいただけるクラフトだと思います。
針と糸を使用する作品が多いですが、針を使用しない作品もあります。

−どのような点に力を入れて教えていらっしゃいますか
どなたにでもわかりやすいように、写真付きのオリジナルレシピを使用しています。これで、レッスン内に作り終えなくてもご自宅で続きをお作りいただくことができます。また、材料がそろえば、お友達やご家族にもプレセントとして作っていただくこともできます。玉留めの仕方からわからない方もいらっしゃいますので、お一人おひとりに合わせて丁寧なレッスンを心掛けています。

身近なものでどこでも作れるのが魅力 プレゼントにも

−生徒さんはなぜハワイアンアリボンレイを選んで参加されているのでしょうか
ハワイアンアリボンレイは、確かに、フラをされている方が自分のフラ用に作りたいとかフラ仲間に教えたいという方が多いです。
でも様々な小物にアレンジ出来ますので、ハワイやフラに関係なく、「リボンを使ってこんなにかわいい作品を作ることが出来るんだ」という、全くリボンレイを知らなかった方でもお越しいただいております。
またインストラクターコースを設けておりますので、将来インストラクターになりたい方もいらっしゃいます。

−直子さんにとってのハワイアンアリボンレイの魅力を教えてください
リボンやビーズ・造花など簡単に手に入る身近なものを使って針と糸があればどこでも作ることができます。例えば、電車の中、病院の待合室、子供の習い事の待ち時間など、ちょっとバッグに材料を入れて持ち歩き作ることができます。
さらに自分に作るだけではなく、何かのお祝い、ウエディング用に作ることも出来ますので、プレゼントとしても大変喜ばれます。
私も、実際によく友人などに、リースやストラップ・フォトフレームなどをプレゼントしましたが 、皆さんに大変喜ばれ、今度は自分で作ってみたいと習いにきてくれる友人もいます。将来は娘たちの結婚式に何か作ってあげたいと思っています。

  •  
  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事のプレース
スポンサーリンク