【小平】アシュタンガヨガの力強さを、現代女性向きにアレンジして伝える

2017/08/05 23:23

アシュタンガヨガは、現代ヨガの主流であるハタヨガの流派の一つ。力強いダイナミックな動きが特徴で、ハードなヨガの一つである。そうしたアシュタンガヨガをベースに、現代女性に適したアレンジを加えて指導しているのが、「yoga house 239」のスタジオ代表/インストラクターである池田育永さんだ。アシュタンガヨガとはどんなヨガなのか、日本の女性に実践してもらうためにどのような工夫をしているのか、詳しく話を聞いた。

力強いアシュタンガヨガに、心身をゆるめる陰ヨガを組み合わせて

−スタジオで習えるヨガの特徴を教えてください
アシュタンガヨガをベースに、季節や体の状態に合わせて陰ヨガも取り入れています。
アシュタンガヨガは、インドのパタビジョイス師が体系立てたヨガのメソッドで、力強くダイナミックなヨガです。太陽礼拝(スリヤナマスカーラ)・スタンディング・シッティング・逆さのポーズ・フィニッシングの各ポーズから構成されています。呼吸とアサナ(ポーズ)を連動させながらエネルギーを途切れることなく流れるような動きでフローするビンヤサスタイルです。デトックス作用が強くたくさん汗をかき、体が芯から温まります。
ヨガの経典(ヨガスートラ)に書かれているアシュタンガヨガ八支則に則ったスピリチュアルな練習です。

−陰ヨガはどのようなものでしょうか
陰ヨガは、心身をゆるめることを目的としたリラックス効果が高いヨガです。坐位または臥位でゆっくりポーズをとっていきます。
yoga house 239ではベーシッククラスで、季節に合わせて必要な経絡(陰陽五行でいう体を巡る気の通り道)に働きかけるアサナを取り入れています。
陽のアシュタンガヨガと陰ヨガの両方の実践により、陰陽のバランスが整い、ゼロからプラスへの力強さだけでなく力の抜けたマイナスから自然とプラスに跳ね上がっていくようなエネルギーが生まれていきます。

アシュタンガヨガはハード 生活と女性に適したヨガへのアレンジを模索

−スクールのコンセプトを教えてください
「生活に根差したヨガ」、「女性のためのヨガ」を大切にしています。
その背景ですが、アシュタンガヨガはもともとインドで成人前の男子が修行をするために作られたヨガで、かなりハードなヨガです。女性と男性では身体が全然違いますし、私が教えているのはインドではなく現代の日本です。女性には生理がありますし社会の中での役割も違います。
子供を持つ母親なら、アサナよりも「生活」が第一であるべきだと私は思います。アシュタンガヨガのメソッドは大切にしつつ、「女性」ならではの生活の中でのバンランスを大切にしたヨガを伝えるように心がけています。ヨガを単なるエクササイズと捉えるのではなく、人生をより良くするツールだと思っています。

−「生活に根差したヨガ」、「女性のためのヨガ」という考えにどうやって至ったのですか
「何のためにヨガを練習するのか?」私は10年以上アシュタンガヨガのシークエンスを練習してきて、自分の身体への理解を深め、自分の内面に隠れていたエゴと向き合ってきました。それはこれからも続いていくことだと思いますが、その付き合い方がシンプルでどんどん軽くなってきました。
アシュタンガヨガで怪我もたくさんしてきました。辛いけど抜けられない…そんな練習を続けていた時期もありました。そして双子ちゃんを含む三度の妊娠、出産、4人の育児…。育児と両立しながらの練習を模索していくうちに練習の仕方が変化してきました。
こうした経験を通じて、「生活の中でのヨガ」「女性のためのヨガ」この2つが私のヨガのテーマになりました。

アシュタンガヨガを通じた、体と心の変化を感じてほしい

−育永さん自身は、アシュタンガヨガの魅力はどんな点だとお感じですか
最初は絶対に無理だと思っていたポーズが、練習していくうちにできるようになった時の喜びは、子供の頃に初めて自転車に乗れた時の喜びに似ています。アシュタンガヨガビンヤサシステムは医学的にもシステマティックに組み立てられたメソッドなので、正しく練習すれば必ず肉体的、精神的に変化をもたらしてくれます。またある程度練習を重ねていくと、自分の体の状態が分かるようになり、練習で調律できるようになります。私は毎朝早朝に練習するのですが、練習の後は心身ともにクリアになり、新しい1日がフレッシュな気持ちでスタートできます。自分と向き合う練習は楽しいことばかりではないけれど、私は練習が大好きです。

−生徒さんには、アシュタンガヨガを通じてどんな経験をしてほしいでしょうか
アシュタンガヨガを通して身体を整え、心を整え、自分を知る。ヨガを通して自分の身体、マインドを知っていく過程で、生活が良くなる。人生が良くなる。
ヨガはコンスタントに続けることがとても大切なので自分の身体と心の変化を楽しみながら練習を続けて欲しいです。

  •  
  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事のプレース
yoga*house*239
東京都小平市津田町2-3-9
詳しい場所を確認する
スポンサーリンク