【京都】舞妓さんのいる祇園で本格的な舞妓体験

2015/08/24 14:57

京阪電車“祇園四条駅”より徒歩2分のところにある東山本格舞妓体験処「心-花雫-」は、気軽に京都の文化とその心に触れ合えることが出来る店である。「最高のおもてなしと高い技術で感動を提供し、何度でも楽しめて幸せな気持ちになれるような店を目指している」という同店の店長にインタビューした。

舞妓体験を通して、“京都の文化とその心に触れ合える”店

−お店のコンセプトを教えてください
京都にいらっしゃる観光客の方を中心に、気軽に舞妓体験を通して着物という日本の文化や、舞妓さんという京都の文化とその心に触れ合っていただく機会をご提供いたします。お座敷での撮影や、京町屋の坪庭での撮影の他、四季折々の京都の景色と共にお写真を残すことのできる野外撮影も行っております。撮影後に散策にお出かけしたり、人力車に乗ることができたりと、皆様に京都の街を思う存分お楽しみいただいております。

−お客様はどのような方が多いでしょうか
当店では、幅広い年齢層のお客様に、舞妓・芸妓体験をお楽しみいただいております。中には、お嬢様・お母様・おばあちゃんと母娘三代でお越しの方もいらっしゃいます。男性の方には、着流しのお着物や袴のご用意がございます。ご家族やカップル、お友達同士のほか、お一人様でご来店いただくお客様も多くいらっしゃいます。

−お店の周辺はどのような雰囲気なのでしょうか
京都祇園の宮川町という花街の中にあり、お店を一歩外に出れば本物の舞妓さんに出会える、京情緒に溢れたエリアにあります。清水寺、八坂神社、高台寺、花見小路や巽橋など、徒歩圏内に沢山の観光スポットがあるので、体験前後にも京都を満喫したい方にも絶好の立地です。

京都祇園の宮川町は、本物の舞妓さんに出会える花街

−お店の建物や内装について詳しくお聞かせください
当店は本物の舞妓さんや芸妓さんの方々が出入りされていたお茶屋さんを改装した建物です。店内の雰囲気は、京町屋の趣を残したまま改装をしたので、店の隅々まで昔ながらの花街の風情をお楽しみいただけます。また、受付に明治時代の「階段箪笥」をそのまま残していたりと、雰囲気だけではなく、歴史までも感じていただけるかと思います。

明治時代の「階段箪笥」

まるで本物のように、本格的な“舞妓姿”に変身できる

−舞妓体験の一番の醍醐味はどんな点だと思いますか
私は、舞妓さんというのは日本の伝統文化の中でも、京都にしかない文化の象徴だと思っています。現在も受け継がれている文化ではありながら、一般的な日本の社会では体験出来ない伝統をも感じていただけるということが舞妓体験の醍醐味だと感じています。本格的なメイクとお着付け、床の間付きのお座敷と京の趣あふれる坪庭で、いつもと違う“ご自分”をお楽しみいただき、そんな体験をされる皆様の“幸せの一瞬”のお写真を撮らせてもらえることが出来ればと思っています。

−貴店で体験できる「本格的な舞妓体験」とは、具体的にどのようなものなのでしょうか
ご来店から約1時間程で、本物の舞妓さんのような美しい舞妓姿に変身していただけます。体験に必要なものは全てご用意しますので、特別な準備などは必要ありません。メイク道具は、お肌に優しいものを厳選しており、実際に舞妓さんも使用しているものだからこそ、より美しい仕上がりとなります。全ての舞妓プランで「半かつら」を使用致しますので、生え際を自然に仕上げることが出来ます。また、帯は一般的に使われている「付け帯」ではなく、一本のだらり帯を本結びします。お着物も正絹のみを取り扱っており、総柄のお着物をご用意致しておりますので、上質なお着物を羽織る事で本物の舞妓さん気分を味わっていただけます。これらが、本物の舞妓さんの文化をお楽しみいただくための、当店のこだわりでもございます。

メイク・お着付け後、専属フォトグラファーによる写真撮影を、床の間付きの本格的なお座敷と、京の趣あふれる坪庭で行います。舞妓さんらしいポージングを、細やかな部分までお伝えいたしますので、初めての方でも安心してお楽しみいただけます。お帰りの際には、当日お撮りしたお写真のベストショットを、当店オリジナルのアルバムにお入れしお渡ししております。

京町家での撮影は、本物の舞妓さんさながらだ。

−舞妓体験を終えられた方の感想などがあれば教えてください
舞妓体験を終えられたお客様には「また舞妓体験したい!」と言っていただけることが多いです。実際、お着物や花かんざしなど、季節に合わせたものを色々と取り揃えていますので、何度でも楽しんでいただけます。「外に出かけるのは恥ずかしいから」とスタジオ撮影のみだったお客様から「次は散策に行きたい!」「京都の景色と一緒にお写真を残したい!」と言っていただけることも多く、そんな風にお客様に喜んでいただけると、こちらとしても本当に嬉しく思います。

−お客様に喜ばれるために、特に工夫されていることはありますか
当店には耳の不自由なお客様もいらっしゃいます。そういったお客様にも最大限楽しんでいただけるようにと、手話を使うことが出来るスタッフが沢山おります。中には手話が出来ることに感動して涙を流されたお客様もいらっしゃいました。「お客様の為に何が出来るのか」「どうすればお客様に喜んでいただけるのか」ということを常に考え、一人ひとりのお客様に心から楽しいと感じていただけるよう、お客様のお気持ちに寄り添った“おもてなし”を日々心掛けております。

ワクワクする心を大切に、“笑顔があふれる”店作り

−来店したお客様に、お店でどんな体験をしてもらいたいと考えていますか
「日常では味わえない素敵な気分を味わいたい!」「一生の想い出に残る綺麗な写真を残したい!」「京都の文化や伝統に触れてみたい!」「大切な家族や友達と、人生の宝物のような想い出作りをしたい!」など、当店をご利用される理由はそれぞれですが、ご来店して下さるお客様の想いを大切に、そのお気持ちに寄り添い、その方だけの“おもてなし”をご提供し、皆様に“オンリーワン”の体験をしてもらいたいと考えております。

−お店の運営で大切にしていることはどんな点でしょうか
スタッフ自身が心をワクワクさせて働くことを大切にしています。スタッフが笑顔になるから、お客様が笑顔になり、感動が生まれます。遊園地のような立派なアトラクションがなくても、スタッフとお客様の交流や、スタッフ同士の関わりの中に感動のタネが詰まっていると思っています。私達スタッフは、綺麗なメイク・着付け・お写真以外にも、もっと何か感動してもらえることはないかと、いつも心をワクワクさせてお客様をお待ちしております。

日常では味わえない気分を体験できる。

−「スタッフ自身が心をワクワクさせて働けるように工夫されている」ということですが、具体的にどんなことをされているのですか
全てのスタッフが“言葉”を大切に仕事をしております。お客様に対してだけでなく、スタッフの間でも、「ありがとう!」「幸せ!」など、周りを元気にするような言葉が行き交っています。「幸せだなぁ」と声に出したり、「お客様に幸せな気持ちになっていただこう」と考えることで自分自身が元気になり、それが周りのスタッフやお客様へと広がっていくのではないかと思います。「お客様にもっと幸せな気持ちになっていただこう」と考えて仕事をしている中で実現したことの一つに「手話講習」があります。「聴覚障がい者の方と、もっとコミュニケーションが取りたい!」との気持ちから始まりました。

−これから初めてお店を利用してみたいと思っている方に伝えたいことはありますか
初めての舞妓体験で、「私がやっても似合うのかな」と不安に感じている方もいらっしゃるかもしれません。でも大丈夫です。お客様のお顔立ちやご希望のイメージに合わせてメイクを行いますし、撮影もプロのフォトグラファーが、ポージングや舞妓さんの所作を細かな部分までお伝えいたします。「心-花雫-」での舞妓体験が、最高の思い出となるようお手伝いさせていただきますので、ご安心してお楽しみくださいませ。

  •  
  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事のプレース
スポンサーリンク