【代々木】5駅からアクセス可能、代々木公園散策で緑を楽しもう

2015/05/22 19:13

都内有数の広さをほこる公園

代々木公園は原宿駅、明治神宮前駅、代々木公園駅、代々木八幡駅、そして参宮橋駅から、いずれも徒歩5分程度。東京ドームおよそ11個分という都内有数の広さをほこる公園です。

敷地は東京都道413号をはさんで、噴水や大きな広場を有するA地区と、スポーツ施設などのあるB地区に分かれています。

かつて陸軍代々木練兵場であり、国内における飛行機の公式初飛行を記録した場所でもあります。戦後は米軍の宿舎のワシントンハイツとなり、東京オリンピックの選手村を経て、現在の代々木公園になりました。隣接する明治神宮とともに、都心における広大な緑と空の空間を楽しむことができまるスポットです。

散策スタート


原宿駅・明治神宮駅を降りて、明治神宮の前を通過。


代々木公園のA地区には、「原宿門」「渋谷門」「南門」、そして代々木八幡駅や代々木公園駅近くの「西門」や参宮橋駅寄りの「参宮橋門」があります。

さて、「原宿門」から園内を散策してみましょう。


園内には幾つかの売店があり、スナックや飲み物だけでなく、ソフトクリームやかき氷、焼きそばやたこ焼きなどの軽食を購入できます。


A地区の大部分を占める芝生の中央広場。



平日も、遠足やレクリエーションに興じるひとが大勢います。


芝生にごろんと寝そべれば、遠くに見えるのは代々木のランドマーク的ビル。

さて、中央広場を囲むいちばん内周の道を左回りに、渋谷門まで歩いてみましょう。



園内に咲く四季折々の花。不思議の国に迷い込んだようなバラのアーチがある場所も。


サイクリングセンターのそばには、広さ3500㎡のドッグランが。

超小型犬用フィールド、小・中型犬用エリア、中・大型犬用エリアといったように犬種の大きさ別に分けられ、利用は事前登録が必要です。


平成2年5月には、高さ15m~30mに及ぶ大小3基の噴水や水回廊をもつ水景施設が完成。水と緑に恵まれた公園として生まれかわりました。こちらは渋谷門から中央広場を向いて見える景色。


園内は自転車で通り抜けることができ、外周の道にはサイクリングコースも設置されています。参宮橋門からほど近いところあるサイクリングセンターでは自転車が借りられます。


緑のアーチのなかを快適なスピードで走行。隣接する明治神宮にいないカラスが、ここではたくさん。鬱蒼とした緑の合間に差し込む陽射しに照らされ、美しい黒がみられます。


さて、原宿門から出て、B地区に向かいましょう。B地区内を原宿から渋谷に向かって歩いていきます。


代々木競技場とNHKに隣接したエリアがB地区です。

野外ステージを有するイベント広場では、随時イベントが。この時は、タイフェスティバルをしていました。回数を重ね、定番イベントになってきましたよね。


サッカー場は利用登録している方が1ヶ月前の1日から10日までに、スポーツ予約センターへ電話で申し込むことで使用できます。


バスケットボールのコートが2面。


陸技場は1ヶ月前の16日(日曜、祝日の場合は翌日)午前10時に受付及び抽選、空き予約は7日前までに申し込みます。



かなり広い敷地なので、待ち合わせをする時は、駅や門、もしくは公園内の施設など、あらかじめ決めておくといいでしょう。

西門と南門のあいだに代々木警察署があります。

まとめ

自転車で通り抜けができることや、犬を連れて入園できることが大きな魅力の代々木公園。原宿門から、右回りに参宮橋門に抜けるコースが落ち着いていておすすめです。イベントやフリーマーケットなども随時開催されているので、代々木公園インフォメーションも見てみては?

ゴールデンウィーク関連記事
▶︎【関東】2016年版・ゴールデンウィークにおすすめ関東のイベント&おでかけスポット

  •  
  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事のプレース
代々木公園
東京都渋谷区代々木神園町
詳しい場所を確認する
スポンサーリンク