【日本橋】元ソムリエのフランス人が全く新しい日本茶に挑戦

2014/12/17 14:12

日頃から慣れ親しんでいる日本茶。この日本茶の新たな可能性を開拓しようとしているお店が、COREDO室町にオープンした。主導するのはなんと元ソムリエのフランス人だという。どんな日本茶の可能性に出会えるのか、「おちゃらかCOREDO(コレド)室町店」のマネージャー伊吹俊三さんにインタビューした。

元ソムリエのフランス人・ステファンが、日本茶フレイバーティーに挑戦

−ユニークなお店とのことですが、どのようなものを扱っているのでしょうか
日本茶の小売のお店です。緑茶、ほうじ茶に柑橘系の香りをつけているフレーバーティーを扱っています。

−日本茶のフレーバーティーというものを、なぜ始めたのでしょうか
在日20年のリオン出身のフランス人ステファン・ダントンの挑戦から始まりました。元ソムリエであるステファンが、日本茶の常識を破るフレーバーティーで停滞している日本茶に風穴を開けたいと考えたのです。

−なぜステファンさんは日本茶に注目されたのですか
彼は若いころからオリエンタルなものに興味があり、日本に憧れていました。紅茶関係の仕事をしていた時に日本茶と出会い、紅茶にフレーバーをつける要領で、日本茶にフレーバーをつけることを思いつきました。伝統のある日本茶の世界においては異端で、もちろん反発が予想されました。しかしこれからの消費者である若者が支持すれば、伸び悩んでいた日本茶の消費につながると考え、挑戦することを決めたそうです。

ユニークなフレーバーの日本茶を楽しめる

−フレーバーティーの代表的なものはどんな香りでしょうか
夏みかん、ラフランス、チョコミントなどがあります。

−お店に来たお客さんにはどんな体験をしてもらいたいですか
カフェを併設しているので、フレーバーティーをおいしいケーキとともに味わっていただければと思います。また単にお茶をお売りするだけでなく、ステファンとの軽妙な会話を通じて楽しくコミュニケーションを図っていただきたいです。

日本茶に柑橘系の香りをつけた「フレーバーティー」
夏みかんのフレーバーティー
フレーバーティーの葉
「おちゃらかCOREDO室町店」店内の様子
お店にはたくさんのフレーバーティーが並ぶ
併設しているカフェ
  •  
  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事のプレース
おちゃらかCOREDO(コレド)室町店
東京都中央区日本橋室町2-2-1 COREDO室町1- 地下1階
詳しい場所を確認する
スポンサーリンク