【久が原】ヨガを通じた心と体のエクササイズを目指して

2017/08/30 23:30

ヨガで体を動かすことにより、心の有り様にも問いかけていきたい。そう語るのは、「わたしのためのYOGA」のヨガセラピスト・Ayanovoice(アヤノボイス)さんだ。
クラスでは、初心者や体の動きに制限のある方にも楽しんで頂けるよう配慮しているという。詳しい話を伺った。

ヨガを通じて体を動かすことで、心のエクササイズにもつなげたい

−最初に、ヨガスタジオのコンセプトをお聞かせください
心と体のエクササイズを行い、「ヨガをとおして自分の命を輝かせる」をコンセプトにしています。
体の痛みや不調、体重の増減やお肌の状態など、自分の体は自分の生活習慣からのメッセージです。その生活習慣を作るのは、自身の考え方のクセや物事の見方など、心の有り様によって作られていきます。
ヨガクラスでは、その方の体の症状やお悩みなど、緩和や改善に導けるよう、体も動かし、心の有り様にも問いかけていきます。

-ヨガを通した「心と体のエクササイズ」とは具体的にどういうものでしょうか
「人間として、健康的に生きる」ということは、その方の「心と体」双方のバランスが取れた状態のことを言います。
何事もそうですが、1度行っただけでは中々自分の内側に身につくことは難しいです。筋トレや歌のお稽古だって、練習を重ねなければ変化は起きてきません。
ヨガも全く同じです。繰り返しポーズを取ることにより体の機能改善に繋がり、体を感じることを繰り返すことにより、自分を客観的に観る習慣がつき自分の心をコントールするのが上手になっていきます。心が変わると日常生活に変化が起き、自分の人生にも変化が起きていくでしょう。繰り返し行うことによって、心身に変化が起こる様子を「心と体のエクササイズ」という表現を使っています。

わかりやすい表現と、その人の状況に合わせてヨガのレッスンを工夫

-ヨガの指導の際に重視しているのはどんな点でしょうか
ヨガはその方の今の状態に合わせて行うものですので、初心者の方や体の動きに制限のある方、どなたでも楽しんで頂けるように内容を毎回工夫しています。

-初心者の方や体の動きに制限のある方への工夫の具体例を教えてください
初心者の有無を問わず、専門用語を使わず解りやすい言葉を選んでいます。これは私が初めてヨガを経験した時、初心者クラスにも関わらず専門用語が飛び交い、理解できず不安を覚えた経験を踏まえています。他にも、自分の仕事でデイサービスにてリハビリヨガを行っていた時に、ご高齢の方にヨガを伝える際、皆さんに楽しんで頂けるよう試行錯誤した経緯があるからです。
また、人によって「あぐらのかけない方」「右肩が上がらない方」など、それぞれのお体の特徴があります。その方の今の状況に合わせてクラスを安全に行うことは勿論のこと、マットやヨガのポーズだけにこだわらず、椅子を使用した椅子ヨガを行ったり、体の修正法や、マッサージのような手法、可動域を広げる手法など、その時の状況に合わせて様々なものをミックスして行っています。

−最後に、Ayanovoiceさんにとってのヨガの魅力を教えてください
ヨガの一番の魅力は「命と仲良くなれること」だと感じています。
今まで気付くことの出来なかった、自分の体の感覚や心の内側に触れることをとおして、自分という存在に対する愛情が深まります。自分への愛情が深まると、人間関係や社会生活において周囲とのコミュニケーションにも愛情が増し、関係性に変化が現れてきます。
ヨガをとおして「自分らしい幸せな生き方」にそれぞれが出会えるよう、私も皆さまと一緒に楽しみながらサポートさせて頂いています。

  •  
  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事のプレース
わたしのためのYOGA
東京都大田区南久が原2丁目10-3 パレアダンススタジオ
詳しい場所を確認する
スポンサーリンク