【千葉】ムーンサイクルヨガに瞑想クラス、寺ヨガにパークヨガ バラエティに富んだヨガを体験

2017/10/12 10:03

千葉県の様々な場所で開講している「シャンティクラヨガ」では、ユニークなヨガに参加できる。女性のホルモンバランスに寄り添うヨガや、子連れでも参加しやすいヨガ、寺ヨガに古民家ヨガにパークヨガなど、内容も開講場所もバラエティに富んでいる。インストラクターのカオリさんに詳しいお話を伺った。

ムーンサイクルヨガ、瞑想クラスなど、珍しいヨガを含めた様々なクラス

-シャンティクラヨガで習えるヨガにはどんなものがありますか
ハタヨガ、女性のホルモンバランスに寄り添うムーンサイクルヨガ、椅子ヨガ、子連れヨガ、パークヨガ、寺ヨガ、古民家ヨガ、瞑想クラスなどがあります。

-「ムーンサイクルヨガ」とはどんなヨガでしょうか
ムーンサイクルヨガでは、月経サイクルや生涯のホルモンバランスの変化、身体の仕組みに着目し、その流れに寄り添うかたちで女性の為のヨガを提案していきます。
各サイクルにすすめられるヨガのアーサナ(ポーズ)、呼吸法、瞑想などを実践しながら、”常に揺らぎ続けるわたしたち女性のからだ”を受け入れて、この流れと戦うのではなく、流れに寄り添うようなヨガの練習をしていきます。
毎回、月経中の方、閉経後や更年期の方、妊娠を望んでいる方、様々な方が混ざって参加されています。少人数制という特性を生かし、可能な範囲で各自の悩みや知りたいことをシェアしながら進めていきますので、その時の自分のテーマに合ったヨガのアーサナや呼吸法、瞑想法を知ることはもちろんのこと、周りの方の話を聞いて将来の自分やご家族の方にも参考になる情報が得られるのもこのクラスの良いところだと思っています。

-「瞑想クラス」について具体的に教えてください
普段のクラスは実践メインとなりますが、この”瞑想とヨガ特別クラス”では毎月「瞑想とは何か」「ヨガとは何か」「なぜ瞑想やヨガは良いと言われているのか」「マインドフルネスとは何か」等といったテーマを設け、それについて詳しく解説をしたり、皆さんにワークを通じて理解を深めて頂く時間を取り入れる、ワークショップ的なクラスとなります。
「ヨガが好き」「瞑想すると冷静になれる」など、皆さんヨガや瞑想の良さを何となく実感されていても、それがなぜそうなるのか、続けていくことにどんな意味があるのか、そのロジックを知ることで、普段のヨガや瞑想の実践がより一層内容の濃いものに変わると思います。瞑想への取り組み方、瞑想中の疑問などもわかりやすくお伝えいたしますので、瞑想初心者の方にもおススメです。お寺のご本堂にて行いますので、瞑想を深める場としても適しているかと思います。

子供のいるママや主婦も多く参加、お寺や古民家などでもヨガを実施

-生徒さんはどんな方が多いですか
ヨガは全くの初めて、という方が多いです。年齢層は、中学生から70代の方までと幅広いですが、その中でも多いのが、小さなお子様がいらっしゃるママや40~60代の主婦層です。

-小さなお子様がいらっしゃるママや主婦の方が多いのはなぜでしょうか
千葉ニュータウンはいわゆる新興住宅地です。新しいマンションや住宅が多く建ち、若いファミリー層が多い街ですので、自然とそのような生徒層となります。
また、シャンティクラヨガでは平日午前に小さなお子様連れのママ向けクラスを実施していたりしているところも理由かと思います。

-ヨガを開講されている環境についても教えてください
公民館の和室やお寺、古民家など、心身が自然と落ち着く場所が多いので皆さんとてもリラックスして楽しんでいらっしゃいます。
春~秋にかけては、近隣の公園でパークヨガも行っています外の新鮮な空気をたっぷり吸い込みながら自然と一体になって行うヨガや瞑想はまた格別です。マットから出て裸足で行うこともあります。地球に足裏を根付かせる体験は、土台からポーズを作り上げることの大切さを教えてくれますしとても心地が良いです。

  •  
  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事のプレース
スポンサーリンク