【京都】日本の伝統技術を京都から世界へ発信する “和モダン”な刺繍雑貨工房

2015/06/22 10:28

京都東山、八坂の塔の参道沿いにある「京東都(きょうとうと)本店」は、日本の伝統的な技法にこだわった刺繍文化を新たなカタチで発信することを目指す“メイドインジャパン”の刺繍ブランド店だ。「ニッポンの伝統技術を、見て、聞いて、感じ、使って、楽しむことで、新しい文化の継承に繋げていきたい」と語る店長の梅村 佳代さんにインタビューした。

“日本の刺繍文化”の魅力を、京都発~東京経由で世界へ発信

−お店のコンセプトを教えてください
「京東都(きょうとうと)」は、ニッポンの伝統 =「京都」とニッポンの今 =「東京」を掛け合わせたブランドネームです。京都の刺繍工房が新しい文化継承のカタチ・刺繍の可能性を考える、“京都発、東京経由~世界行き”を目指す刺繍ブランドのお店です。“ニッポン”の形や音の美しさ、そして伝統技術を、“見て、聞いて、感じ、使って、楽しむ”ことで、新しい文化の継承に繋がればと思っています。

−お店の立地や周辺の様子についてお聞かせください
お店は京都の東山、八坂の塔の参道沿いにあります。お店を出るとすぐに石畳の道と八坂の塔が見えるので、とても景色がよく、お店の前で記念撮影をされる方も多いです。近所には清水寺や高台寺など有名な寺社仏閣が多数点在しています。また、周辺にも素敵なお店が沢山あるので、京都土産はもちろん、贈り物や自分へのご褒美など、お買い物を楽しむのにもぴったりな場所です。

お店は京都の東山、八坂の塔の参道沿いにある

−お客さんはどのような方が多いでしょうか
特に20代~30代の若い女性がメインです。京都観光の際にご来店いただくことも多いですが、季節毎に新しい商品を発売していたり、ウィンドウディスプレイも変えていたりするので、近隣の方が「どのような商品が出たのか、どのようなディスプレイになっているのか」と、様子を見に来てくださることも良くあります。

日本伝統の技法で作られる“和モダン”へのこだわり

−「伝統技術」とは、どのような技術を使われているのでしょうか
例えば、手ぬぐいの染めには「京友禅」の技法を使用して職人さんに染めていただいています。「かちんシリーズ」には墨を膠で溶いて染める「かちん染め」、「青時雨シリーズ」には着物の染めにも使われる「型友禅」など、他にも様々な技法で染めていただいています。また、絞りを施したストールは“京鹿の子絞り”という技法で、京都の伝統工芸士さんに作ってもらっています。染め以外にも小皿には岐阜県瑞浪市の“美濃焼”で作っていたり、フェイスタオルは大阪の泉州タオルに京都にある自社工房で刺繍を施していたり、古くから日本に伝わる技法や物を使用して商品をお作りしています。

−「和モダンな刺繍雑貨」とは、具体的にどんなものがあるのでしょうか
刺繍で作ったアイロンで付けられる和片(ワッペン)が、全部で400種類以上ございます。江戸時代の浮世絵を元にしてデザインした「猫飼好五十三疋シリーズ」の猫ワッペンや、日本で最初の植物図鑑を元にして作った「きのこシリーズ」のワッペンなど、様々なシリーズがあります。その他にも、“手ぬぐい”や“がま口”など、多くの刺繍小物がございます。

刺繍で作られアイロンで付けられる「和片(ワッペン)」

−お店で人気の商品、ちょっと変わった面白い商品がありましたらお聞かせください
白い刺繍糸に蓄光糸を使用した、ぼんやりと光る“妖怪ワッペン”や和紙に直接刺繍を施して作った“ぽち袋”など、面白い商品を色々と揃えているのですが、その中でもちょっと変わっている商品が「てるてる家族」です。五兄弟・三姉妹・お母さん・親父の10人家族になっていて、顔の表情に合わせて名前がついていたり、それぞれの性格があったり、賑やかな家族になっています。一体から販売しているので、家族分購入したり、お好きな顔や自分に似ている性格を探したりと様々な選び方が可能です。

ぼんやりと光る「妖怪ワッペン」

ユニークな「てるてる家族」

“名入れ手ぬぐい”や“熨斗シール”などのサービスも充実

−何かを工夫されたことで、お客様に喜ばれたことなどがあれば教えてください
店頭で商品を販売するだけでなく、手ぬぐいにお名前を入れられる「名入れ手ぬぐい」のご注文を承っています。ご出産やご結婚のお祝いなど、多くのお客様にご利用いただいているのですが、「実際に使用するのが楽しみ!」「手ぬぐいを贈ったら額に入れて飾ってくれている」などと、喜びの声を頂戴しています。また、商品の包装には無料で熨斗(のし)シールをお付けするサービスもしており、「おめでたい!」と喜んでくださる方が多いです。

−お客さんが商品を買われる用途はどのようなものが多いでしょうか?
観光地なので、「旅の思い出に」とご自身用にご購入される方はもちろん、ご家族やご友人へのお土産にされる方も多いように思います。お店を出てすぐに見える五重塔、八坂の塔をデザインした「八坂の塔シリーズ」や洛中洛外図屏風に描かれた街の柄の手ぬぐい、また、手ぬぐいを使用して作った商品にワッペンを貼りつけて気軽にオリジナルの作品が完成する「洛中洛外図シリーズ」など、京都のお土産にぴったりな商品も扱っております。また、おめでたい「縁起物シリーズ」も種類が豊富なので、お祝いの品にお選びいただくことも多いです。

−これから初めてお店を利用してみたいと思っている方に伝えたいことはありますか
がま口やハンカチなど普段使い出来るものが多く、商品数も豊富でどれもユニークですので、きっと惹きつけられる商品に出会えると思います。取り扱っている商品のイメージから女性向けという印象が強いかもしれませんが、コレクションアイテムとして男性の根強いファンの方もいらっしゃいます。男女兼用の足袋ソックスなどもございますので、カップルでお揃いにされてもよろしいかと思います。女性はもちろん、男性の方にも、まずはお気軽にご来店いただけたら嬉しく思います。

  •  
  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事のプレース
京東都 本店
京都府京都市東山区星野町93-28
詳しい場所を確認する
スポンサーリンク