【秋葉原】シヴァーナンダヨガから瞑想まで 本格的なプログラムを学べるヨガスタジオ

2017/08/20 17:26

シヴァーナンダヨガにロケットヨガ、ヨガ哲学の座学クラスに瞑想クラス。本格的でコアなヨガを体験し学べるのが、東京・秋葉原にあるヨガスタジオ「Studio Tao」だ。海外在住の人もやってくるというこちらのスタジオでどんな経験ができるのか、スタジオオーナーの石井文子さんに話を聞いてみたい。

シヴァーナンダヨガ、ロケットヨガなど珍しいヨガを学ぶことができる

−早速ですが、「Studio Tao」ではどんなヨガが学べるのでしょうか
世界的にポピュラーなインドの伝統的流派のヨガであるシヴァーナンダヨガ、サンフランシスコで生まれた現代ヨガの1つであるロケットヨガ、ハタヨガ、陰ヨガ、リストラティブヨガなど様々なヨガを指導しています。

−シヴァーナンダヨガはどのようなヨガでしょうか
シヴァーナンダヨガは、伝統的なヨガの流派です。創始者が医師で身体に無理なくロジカルな流れでヨガを楽しむことができ、癒しのヨガとも言われます。全世界で多くの方が行っているヨガです。日本でも東京・高円寺に大きなセンターがありますが、小さいスタジオではまだなかなか開催されていないのが現状です。レッスンは毎回ほぼ同じ流れで行いますが、その日その日でできることが微妙に違うことに気づきます。どう動くと身体にどういう変化が起こり、心にもどういう変化が起こるのかということを俯瞰することができ、身体の運動と共に心の運動にもなっているように感じます。「ありのままの自分」と対話ができる穏やかなクラスです。

−ロケットヨガについても詳しく教えてください
ロケットヨガはアシュタンガヨガ(シヴァーナンダヨガと対極にあるヨガです)をベースに、1980年代サンフランシスコ発、ロケットのように早く強くなれるようにと考案された現代ヨガの流派です。欧米・アジアでは多くの愛好者がいらっしゃいますが、日本ではこれから愛好者が増えていくことでしょう。ペアワークで練習を行ったり、ピラティスを取り入れたりと参加者に一体感が生まれます。アクティブに動いた後は瞑想を行い心を静かに着地していきます。「ロケット楽しい~!また来週!!」が別れの挨拶になっています。Taoのインスタグラムをご覧になって海外在住の方が、日本滞在中に参加されたりと素敵な出会いも生まれています。

ヨガの本質を深く学ぶ、ヨガ哲学のクラスや瞑想クラスも

−他にも珍しいクラスがありますか
第1第3日曜日に、ヴェーダーンタクラスの座学クラスや瞑想クラスがあり、ヨガの本質を学ぶこともできます。一般的なヨガスタジオでは珍しいプログラムになると思います。

−ヴェーダーンタクラスでは具体的にどんなことを学びますか
ヨガはスポーツではなく身体を鍛え、心をも鍛えるためのツールであり学びでもあります。その根底にあるヴェーダーンタはヨーガのゴールをわかりやすく教えてくれる学びです。ヴェーダーンタを学ぶことにより、日々のプラクティスがより良く変わってきます。現在Taoでは「いーしゅわらーや なまは」という本を教材として月2回2年間かけて学んでいます。テキストを朗読し、それについて質問や意見交換しながら授業は進んでいきます。ひとつの単語、ひとつの文章が「あっ!」と心に被ったモヤを吹き飛ばしてくれています。また一人ひとりの見方が違ったり、表現の仕方が違ったりしますが、言葉を精査していくとテキストが導いているヴェーダーンタの言わんとしていることが少しずつ理解できていき、自分の持っているコンプレックスや心の殻を打ち破れていることに気づきます。

−瞑想クラスもあるとのことですが、ヨガの瞑想とはどのようなものでしょうか
「悟りを得るために瞑想を行い、瞑想を行うためにアーサナ(ヨガのポーズ)を行う」と言われています。
瞑想とアーサナ(ヨガと一般の人は言います)は切り離せない関係性を持っています。ヨガだけでは体の問題が解決しただけなのに、一時的に問題が解決したように思えます。しかしまた問題が湧き出してしまい本当の解決は得られません。瞑想だけでは、自分自身の考えの癖から、問題を作ってしまう危険性があります。例えると、暗闇にロープが落ちているのに、よく見えていなくて、ロープを蛇と見間違えるとします。見ている人には蛇に対する恐怖もあります。在りもしない物を見て、更に問題まで作ってしまっています。その問題から解放されるには、アーサナをする事だけでは無理です。「何がそこにあるのか?を知ること」によって解決するのです。考えを使って、何が問題であるか?を見ていく時間が瞑想の時間なのです。瞑想とは何も考えないのではなく、瞑想を行いながら考えをどう扱うかということを理解し実践することです。

海外在住の方もスタジオを訪れ、交流が続く

−生徒さんはどのような方が来られていますか
初心者~現役ヨガインストラクター、年齢や性別、国籍もハンディキャップも関係なく幅広い層の会員様がおられます。秋葉原という立地のためか、日本国内だけでなく海外在住の会員様も集っています。

−海外在住の方々の反応はいかがでしょうか
訪れる方は生活の一部にヨガがあるという方達です。ヨガはファッションではないのだなぁと感じます。体型や着るものに余計な気をつかわず、自分が楽しめるヨガを行っておられます。ヨガには多くの流派があり、先生毎に同じヨガでも同じではないので、その違いを感じて楽しんでくださっています。一つのスタジオでこれだけ多くの流派の指導力の高いインストラクターが揃っていることに、皆さん驚いて喜んでくださいます。ある方は、SNSでTaoを知って頂き、Taoでレッスンを楽しんでくださって、日本在住のお友達に紹介してくださり、その方達が訪れてくださっています。もちろん各地に戻られてもSNSでの交流は続いています。ヨガが大好きなインストラクターが揃っているからこそであると感じています。

  •  
  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事のプレース
Studio Tao
東京都千代田区神田佐久間町3‐1 以志山ビル3F
詳しい場所を確認する
スポンサーリンク