【旭川】パッチワーク、リボン刺繍など、様々なことを学べる手芸教室

2017/09/01 18:51

北海道の旭川市にある手芸教室「Quirt Room Haruna」。こちらではコツコツと続けるパッチワークに、華やかなリボン刺繍やレース手芸など、楽しい手芸を初心者のも学ぶことができる。どんな手芸を楽しむことができるのか、講師の小林陽子さんに伺った。

充実感のあるパッチワーク、可愛らしいリボン刺繍などのクラスを展開

−こちらの手芸教室ではどんなことが学べますか
パッチワーク、リボン刺繍、レース手芸などを教えています。

-「パッチワークキルト」は、手芸の中でどういった特徴があるものになりますでしょうか
基本は真っ直ぐに縫う事が出来る方であれば誰でも始められ、小さな生地と生地を縫い合わせ大きな作品を作りあげた充実感を感じて頂けます。講師、指導員の資格を取得後、人に教えたい、パッチワークの楽しさを広めたいと思うようになりました。

-「リボン刺繍」とはどのようなものでしょうか
モアレなど厚地の生地にワンポイント、または絵を描くように専用の針でお花や葉っぱの形を作っていきます。見た目は難しいように感じられるかもしれませんが実際お花を1つ作って頂きますとその簡単さと仕上がりの可愛さにみなさん感激されます。

-「レース手芸」についても教えてください
レースを使いバックやコサージュ、ヘアーアクセサリーなどを作ります。簡単に早く完成させる事が出来、レースを好きになって頂いた方が何人もいらっしゃいます。レースを何種類か使い重ねて縫って行くイメージです。端の始末が比較的簡単なので時間もかからず、デザインを考える時に時間がかかる位だと思います。

次も作ってみたいと思えるようなレッスンを工夫

-特にどんな点にこだわって教えていらっしゃいますか
初心者の方には分かり易く次も作ってみたいと思ってくれるようなレッスンを心がけています。初心者の方が初めて作った物が手順が多く難しいと楽しさがわかる前に続かなくなってしまうので、問題のない所は省きなおかつ綺麗に縫うコツを覚えて頂いています。

−陽子さんにとって、パッチワークの魅力はどんな点だとお感じでしょうか
パッチワークは他の手芸に比べますと完成させるまでに時間がかかります。その分完成させた時の充実感と喜びは大きいと思っています。甥に子供が誕生した時にベビーキルトを送りました。数年経ってその甥の家に行った時産まれた子供は小学生になっていましたがまだマットとして使っていると見せてくれた時にはとても嬉しかったです。

  •  
  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事のプレース
Quirt Room Haruna
北海道旭川市豊岡4条1丁目1-7
詳しい場所を確認する
スポンサーリンク