多くの観光客で賑わう商店街のオアシス

【上野】上野ガード下の名店10選

2015/10/08 10:00

JR上野駅から御徒町の間、山手線の高架下に沿って伸びているアメヤ横丁、通称「アメ横」。衣料品店や食料品店、雑貨店、400近くの店がひしめき合っています。魚介類の安売りの店や服の店が目立つなか、オープンエアの大衆酒場や、ちょっといい雰囲気の立ち飲み屋など、魅力的な飲み屋も点在。飲兵衛にとって宝石箱のようなストリートを歩いて「お気に入り」を見つけてみませんか。

丁寧な仕事が光る焼き鳥に舌鼓「やきとり文楽」

上野ガード下の中でも人気の、焼き鳥ともつ煮の店。店頭にテラス席が設けられ、思い思いにお酒を楽しむ人で昼間から賑わっています。焼き鳥はすべて毎朝仕込み、1本ずつ丁寧に焼いています。上野駅と御徒町駅のちょうど中間あたりにあります。

店名の書かれた大きな赤提灯、どことなく懐かしさを感じる長テーブルや丸椅子、テーブルに置かれた割り箸や唐辛子の缶が、昭和らしさをかもし出します。常連風の年配男性、アメ横ショッピング帰りらしき熟年女性グループや若者たち。みんな幸せそうに飲み、食べています。

来た人の大半がオーダーする、ダントツ人気の牛もつ煮込み。大きな豆腐がゴロッと入っています。小鉢にたっぷりと盛りつけられた煮込みは、味噌ベースの優しい味わい。モツはいろいろな部位が煮込まれていて、食感も楽しめます。

焼きものは2本310円〜。おまかせ5本盛りは、もも、かわ、つくねなど、定番人気がひととおり味わえ、タレまたは塩が選べます。店主のおすすめはみそにんにく。塩で焼いたもも肉の上に、にんにくと和えた味噌を乗せたもの。ニンニクと味噌の匂いにそそられます。

やきとり文楽
台東区上野6-12-1JR高架下

新鮮な魚介類を肴に飲める魚屋「魚草」

アメ横通りに面した、東北の地魚と東北の地酒が味わえる「飲める魚屋」。東北の玄関口である上野から東北を応援したい、とオープンしたお店です。店頭にはほたてやカキ、カニなどが並べられ、店の奥が飲食スペースに。平日はイス席ですが、土日は立ち飲みになります。

日本酒は、東北の地酒を中心に約20種類。1杯500円均一です。カキやカニなどの魚介類によく合うものを選んでいます。ビールの小瓶をラッパ飲みする人も多いようです。

注文をすると、その場ですぐ調理をして出してもらえます。定番人気はカキ、カニ、ホタテ、ウニ。刺身類は旬のものを用意しています。

名物の生ガキ1000円。濃厚でプリップリのカキは、まさに海の恵みといえる味わいです。大きさによって個数は異なります。
知る人ぞ知る、宮城・気仙沼でしか味わえないサメの心臓「モウカの星」。口にすると、適度な歯ごたえ、そして臭みがなく上品な味わい。産地から取り寄せていますが、入荷したときしか味わえないレアアイテムです。

魚草
台東区上野6-10-7 アメ横プラザ

手作り料理と生ホッピーで乾杯「立呑み さいごう」

上野ガード下には立ち飲みの店もいくつかあります。その中でも人気が高いのが「立呑みさいごう」。上野駅からすぐ、2本の線路の間の通り沿いにあります。看板には「生ホッピー」の文字。この店では生ホッピーが飲めるのです。「立ち飲み」と名前にはついてますが、テーブル席もあります。

上野で生ホッピーが飲めるお店は、貴重な存在。まずはポテトサラダとともにオーダーしてみました。泡がクリーミーで、生ビールのよう。ジャガイモとニンジンのシンプルなポテトサラダとよく合います

手作りで懐かしい味わいの一品料理が揃い、季節のおすすめ品もあります。ハムがちょっと厚めなハムカツがいい感じ。むかごはバターと塩辛でじゃがバター風に。どれも比較的リーズナブル。安いけどちゃんと美味しいって、幸せですよね。

立呑み さいごう
東京都台東区上野6‐11‐14


上野ガード下を代表する老舗酒場「もつ焼き大統領」

上野ガード下の飲み処としては、ぜひ押さえておきたい店のひとつ。昭和25年創業、老舗のもつ焼きの店です。名物のもつ煮込みは、馬のもつを使ったあっさり系の味噌味。タレの味わいが絶妙な串焼きは、5本セットの盛り合わせがおすすめです。場所はやきとり文楽の向かい。

もつ焼き大統領
東京都台東区上野6‐10‐14

上野の立ち飲み店の草分け「立飲み たきおか」

上野では老舗格といえる、人気の立ち飲み処。朝7時から営業しています。串焼きや刺身、煮込みなど、つまみ類は種類豊富、料理は1人呑みにちょうどよい分量です。提供時間が早いもの嬉しい限りです。なかでも、あじのなめろうはぜひ味わいたい1品。場所はやきとり文楽の隣。

立飲み たきおか
東京都台東区上野6-9-14

こだわりの地魚料理と日本酒「酒亭じゅらく」

日本各地の漁港から直送される旬の魚介類を使った料理が味わえる海鮮居酒屋。新潟、宮城を中心に、料理に合う日本酒の種類も豊富で、東京の蔵元の銘酒も揃っています。昼はランチの営業をしており、新鮮な魚介を使った丼ものや定食が人気です。場所は上野駅からすぐ、アメ横通りの入口です。

酒亭じゅらく
東京都台東区上野6-11-6

串揚げ食べ飲み放題が人気「串揚げじゅらく」

揚げたて、アツアツの串揚げがリーズナブルに味わえる串揚げの店。もつ煮込みやしびれ豚丼、バラカツなどのおつまみもビールによく合います。旬の野菜や肉など、20種類以上の串揚げとたこ焼き、デザートがつく飲み放題が人気です。全国各地から取り寄せた地酒カップは、日本酒好きにはたまらないラインナップ。

串揚げじゅらく
台東区上野6-11-7 JR高架下

ついついお酒が進む名物餃子「昇龍」

アメ横でも老舗の中華料理店。レトロな看板が目印です。名物はジャンボ餃子。普通の餃子の2倍以上ありそうな大きさです。口にすると、もっちりとした皮の食感とともに、肉と野菜のうまみがじんわり。ビールが進む美味しさです。場所はもつ焼き大統領の隣。

昇龍
東京都台東区上野6-10-14

朝も昼も呑める呑み喰い処「食道楽」

魚介類から肉料理、野菜など、産地直送の食材が味わえる、食も酒も楽しめる店。24時間で、まさに朝から呑めてしまいます。刺身などの魚介類から定番居酒屋メニューまで種類豊富で、日本酒の品揃えのよさにも定評あり。しっかり呑んで食べた後は、自慢の蕎麦で締めるのがこの店のスタイルです。

食道楽
台東区上野6-12-2

極上の海鮮メニューをリーズナブルに「ふぶき」

新鮮な魚介類を肴にお酒が味わえる、海の幸と鉄板焼きの立ち飲み屋。店内は明るくモダンな雰囲気で、女性でも入りやすい雰囲気です。3種類以上の鮮魚が皿に並ぶことも多い刺身三点盛りをはじめ、本マグロのツナサラダなどが名物。目の前で焼いてくれる鉄板焼きも逸品揃い。ホッピーもついつい進みます。

ふぶき
東京都台東区上野6-4-14

買い物客、観光客で常にあふれかえっているアメ横。メインのアメ横通りはお店の人の呼び声が響き、活気にあふれている一方で、ガード下路地裏の酒場は、ちょっと落ち着いた雰囲気。つまみを味わい酒を楽しむ場には、ゆったりとした時間が流れています。アメ横の中で、酒場は「オアシス」なのかもしれません。

  •  
  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いたライター
山と旅をテーマに取材・執筆活動をするフリーライター。著書に「東京近郊ゆる登山」(実業之日本社)など。東京都在住。
<連載> 都内ガード下の名店酒場
スポンサーリンク