レトロな酒場が並ぶ魅惑のエリア

【有楽町】有楽町ガード下の名店10選

2015/09/17 16:13

レトロなれんが造りのアーチ橋が連続する有楽町駅の高架。時代を感じさせるアーチの下には、昔ながらのたたずまいの大衆酒場をはじめとした飲食店が並び、昭和にタイムスリップしたような街並を作り出しています。仕事帰りや街歩きの後にふらりと立ち寄りたい、有楽町ガード下、JR有楽町線日比谷口・銀座口周辺のお店を紹介ご紹介します。

もつ焼きとホッピーで和む、飲兵衛の聖域「登運とん」

有楽町ガード下を代表する名店のひとつ。もつ焼きをメインに、焼き鳥、一品料理をお酒とともに味わえるお店です。創業は昭和28年、この地に店を構えて60年以上、時代を超えて多くの飲兵衛たちに愛される老舗です。老舗の串焼きやさんだと、「やきとり」が豚のこともありますが、この店では焼き鳥は鶏肉のこと。「もつ焼き」は豚のモツ(内蔵)の串焼きのこと。老舗の串焼きやさんだと、「やきとり」が豚のこともありますよね。

丸いちょうちんの赤みを帯びた灯り、丸イスにテーブル、少し色あせた手書きのメニュー、昔のポスターなど、郷愁をそそるアイテムがあちこちに。昭和の頃から変わらない風景がここにあります。

一番人気の「もつ焼き盛り合わせ」。カシラ、レバー、ハツ、タン、シロの5本セットで、タレまたは塩を選べます。それぞれのモツの食感の違いが楽しめ、味わい深いです。お店自慢の樽生ホッピーとともにどうぞ。

味噌ベースのやさしい味わいながらも味がしっかり染みた牛もつ煮込み。大きめのモツがゴロゴロ入っていて、シロモツやガツなど部位もいろいろ。とろとろ、ふるふるの食感もいい感じで、お酒が進みますね。

登運とん(とんとん)
住所:千代田区有楽町2-1-10

国産食材にこだわった串焼き屋「まつ惣」

大きなイラストの看板が目印の串焼きの店。「やきとり」と書かれた赤提灯や、店の外に置かれたビールケースなどが、昭和の雰囲気をかもし出します。こぢんまりとした店内はカウンターとイス席。気候のよいときには店の外にもテーブルやイスが置かれ、お客さんで賑わっています。

ざるにお金を入れておき、料理が出てくると店員さんが精算してくれるキャッシュオンデリバリーシステム。お札が飛ばないように置かれた小石が素朴な感じです。


おつまみは400〜500円ぐらい。


冷凍物、輸入物は一切使わず、国産の新鮮な食材にこだわっています。豆本来のうまみが感じられる国産枝豆、昔ながらの味わいのポテトサラダなど、素材のよさが感じられる逸品揃い。注文を受けてから焼く、絶妙な焼き加減の串焼きは、肉のうまみをじんわりと味わって。砂肝やハツ、皮など種類も豊富。


まつ惣
住所:千代田区有楽町2-1-20

豊富なフードメニューに満足「まんぷく食堂」

昼夜を問わずお酒が楽しめる、24時間営業のバル&レストラン。平日11:00〜20:00(土・休日は15:00〜)は、「麦とホップ」が1杯190円で飲めるハッピーアワー。昼に食事をしながら1杯を楽しむ人も多いです。JR有楽町線日比谷口からすぐ、有楽コンコースにお店があります。夕方にはテーブルやイスが屋外に出て、ガード下通路にテラス席が出現します。

店内にレトロな看板が残るほか、お店の対面には昔の映画のポスターがぺたぺたと貼られています。この通路を通るとタイムスリップしたような気になる…という人が多いのも納得。



おつまみメニューも豊富。魚介類から肉料理、本格的なピッツァまで、全国から旬の素材を取り寄せて作る料理が、和洋ジャンルを問わず揃っています。なかでも伊勢まぐろや伊勢真鯛など、伊勢から直送した新鮮なお刺身が人気です。店名が刻印された出汁巻き玉子は、伊勢のアオサ入り。


お店のイチオシ、伊勢うどん。手打ち麺を伊勢から取り寄せています。やわらかめの麺に、甘めのつゆがよく合います。呑んだ後の一杯でも、朝におかゆ替わりにもいけます。朝5:00〜11:00は500円でいただけます。

まんぷく食堂
住所:千代田区有楽町2-4-1

美味しい魚料理を味わうならココ!「さわら」

席はカウンターのみ7席、こぢんまりとした魚料理の店。新鮮な旬の刺身や、絶妙な焼き加減の焼魚、味わい深い煮魚など、素材のよさを最大限にいかした料理が、お酒とともに味わえます。お昼は行列しても味わいたいリーズナブルな定食に大満足。有楽町駅日比谷口からすぐ。

さわら
住所:千代田区有楽町2-4-5

外国人観光客にも人気の酒場「新日の基」


レトロな店構えの大衆酒場。オーナーはイギリス人のアンディさんで、「ANDY'S BAR」の別名を持ち、気さくなオーナーのファンも多いです。出てくる料理は、毎朝築地で仕入れた旬の素材を使った刺身や天ぷらなどの日本料理。ハートランドやギネスなどのビールとともに味わってみては。外国人観光客にも人気の店です。

新日の基
住所:千代田区有楽町2-4-4

19時までに入店が吉!「車屋」


日比谷口のガード下に建つ焼き鳥の店。盆踊りで飾られるような丸いちょうちんが並んでいるのがなんとも昭和チックです。お店の外にテーブル席がしつらえてあります。店の看板にあるとおり「19時までに入店すれば、生ビール190円、サワー150円」。焼きたての串焼きに、お酒も進んでしまいます。

車屋
住所:千代田区有楽町2-4-4

6種類の樽生ビールが揃うドイツ居酒屋「JSレネップ」


ドイツ直輸入の生ビールやワインを、ドイツの定番料理と味わえるビアホール。樽生ビールは常時6種類、期間限定品も見逃せません。ジューシーなソーセージやジャーマンポテト、ドイツ名物の肉料理アイスバインなど、ビールとともに味わいたいドイツ料理も豊富です。

JSレネップ
住所:千代田区有楽町2-1-8

昭和レトロが満喫できる居酒屋「金陵本店」

広々とした店内、ガヤガヤとした賑わいの中で心地よく飲める居酒屋です。おすすめは1本ずつ炭火でじっくり焼いたジューシーな焼き鳥。思わずビールをおかわりしたくなります。店名でもある香川県の銘酒・金陵もあります。

金陵本店
住所:千代田区有楽町2-1-20

自動販売機が並ぶ異空間「食安商店」

店内にはアルコールやソフトドリンクの自動販売機が並び、テーブルが置かれています。自動販売機で飲み物を買って、その場で立ち飲みするだけ。店の前にたたずみ、缶を手にして煙草を吸う人で店の前が賑わい、あたりは独特の雰囲気に。夕方になると、店の奥で缶詰などのおつまみも販売しています。

食安商店
住所:千代田区有楽町2-4-3

日本各地のうまいもの「有楽町産直飲食街」


地方のおいしいものが一同に集結。地域活性化を目的とした横町です。静岡・駿河湾の海の幸が味わえる店や東北の郷土料理が味わえる店、熊本名産の馬肉が味わえる店など全7店。昭和レトロな横町に店が並んでいて、どこに入ろうか迷ってしまいます。インターナショナルアーケード内。

有楽町産直飲食街
住所:千代田区有楽町2-1-1 

ガード下初心者でも気軽に入って楽しめるお店が多い、有楽町のガード下。お店の人も、常連さんも、とてもフレンドリーです。平日の夕方はサラリーマンが多い飲み屋も、土・休日は観光客も多くなり、より入りやすい雰囲気になるようです。有楽町でガード下デビュー、いかがですか?

  •  
  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いたライター
山と旅をテーマに取材・執筆活動をするフリーライター。著書に「東京近郊ゆる登山」(実業之日本社)など。東京都在住。
<連載> 都内ガード下の名店酒場
スポンサーリンク