【大阪】アートと人を結びつける、器と雑貨を扱うアートスペース

2016/02/10 15:25

長居公園の北側、落ち着いた雰囲気のある街並みの一角にある「土塊LINK」。アートと人を結びつける空間として、2015年秋にオープンした。「ゆったりとした空間の中で時の流れを感じてほしい」という代表・小仲さんにお話を伺った。

お客さんに感動を、作家には作品披露の場を提供する

−お店のコンセプトを教えてください

器と雑貨とアートを軸に、お客様に小さな感動を、作家に作品を披露できる場を提供するお店です。使い込むほどに味がでるモノや、時の流れを感じる古道具なども取り揃えたいと思っています。

長い年月、時間を感じる古道具

−お店を始めるきっかけとは?

私自身、子供の頃から“モノ”を作ることが好きで、いつからか手仕事の作品を集めたお店を開きたいと考えていました。「自分の作品を見て貰いたいのに場所がない…」という作家のために、自分がその空間を創りあげることで、後押しすることができればという思いもあります。

使い手には感動を、作家には作品を披露する場を提供する

お店には手づくりの作品が並ぶ

−店名の「土塊」にはどの様な想いを込めているのでしょうか?

「土塊」は、無常観を表しています。いつの頃からか、生まれては消えてゆく植物や虫、それらが朽ちていく姿に関心を持つようになっていました。自分自身の肉体もそれらの巡りの中にあるという意識を持つようになり、そういった無常観のある考えが影響しています。日本に古くからある言葉から店名をつけたくて、探していたところ大和言葉の中に「つちくれ」という言葉を見つけました。「死んで土塊に帰る」といった表現をしますよね。またその土塊を養分に新たな生命が生まれてくるわけで、巡りの中心にある言葉のように感じ、これに決めました。後に続く「LINK」には、「繋げる」「きずな」といった意味があるので、当店を通して作家、利用者が繋がるという意味も込めました。また、土塊になって拡散した肉体が他の一部になるという意味で、「死んで生まれ変わる」という意味をざっくりと込めています。

−「作家と利用者が繋がる場」とは素敵ですね

散歩中に当店を見つけ、ふらっと立ち寄られたお客様がいました。ちょうど普段使いのお茶碗を探していたとのことで、あまり悩まれることもなく自然と1つのお茶碗を購入してくださいました。後日、そのお客様の方から「とても気に入ったので、器の作者を知りたい」とのご連絡を貰ったときは、本当に喜んで頂けたと感じられました。私自身もそういった作品を提供できたことは大きな喜びです。

すべてのものは常に移り変わり、巡っている

人や感情・自然・時を感じる作品が揃う

−お店を運営する上で大切にされていることはなんですか?

まずは、時の流れをお客様に感じて貰える品揃え・空間づくりを大切にしたいと思っています。今はオープンして日が浅いため、商品数がまだまだ少ないですが、今後イメージに沿う商品をもっと増やすつもりでいます。当店に作品を置きたいハンドメイド・アート作家向けの展示スペースの充実も図っていきたいです。

−イメージに沿う作品とは?

主には、ナチュラルな素材を使った雑貨・アクセサリーを考えています。パッと思いつくものは、綿・麻・革・木・紙・金属などですね。デザインや色使いも大切ですが、一概に言葉では表せません。絵画・イラストなどのアート作品も壁面に展示しようと思っています。人や感情・自然・時を感じるような作品を集めていきたいですね。

器のほか、ナチュラル素材の雑貨も多く揃う

DIYで生み出した空間、レンタルスペースとしても活用

−お店の内装や雰囲気について教えてください

当店は、築50年以上の木造建物を、一人でコツコツとDIYリノベーションしました。建物の傷みが激しいため、見苦しい点もありますが…。全体的に落ち着いた雰囲気になるように心がけて空間作りを行いました。棚や机などは、ほとんど木材を使っています。元は低い天井だったのですが、改装し開放感を出しました。そのため、柱や梁がむき出しになっています。壁は痛みが激しかったためすべて貼り変え、作品が映えるように白く塗りました。白い壁は窓から入る自然な光を優しく拡散してくれます。階段は昔ながらの急な階段で、降りられる際に怖がるお客様がたまにいらっしゃいます(笑)このゆったりとした空間の中でお客様のお気に入りを見つけて頂き、長く使うほどに愛着が湧くような体験をして頂きたいと思っています。

白い壁と木の温かみを感じる落ち着ける空間

−レンタルスペースもあるそうですね

はい。店内の一角をレンタルスペースとしてご提供しているので、小さな個展やワークショップ・勉強会など文化的な用途にご利用頂くことができます。ここを機会に新たな表現との出会い・人との出会い・知的好奇心を刺激するような体験もして頂けたら嬉しいですね。

店内の一角はレンタルスペースとして開放している

−今後、こんな風にお店を広げたいとのイメージはありますか?

創作活動の作業場としてとか、作品の撮影スタジオとしても使って頂けると思います。窓からの自然光と白壁を背景に撮影することができます。他にも、お客様の方から提案があれば検討いたしますので、お気軽にお声がけください。

  •  
  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事のプレース
土塊LINK
大阪府大阪市東住吉区山坂5丁目19-18 2階
詳しい場所を確認する
スポンサーリンク