【茅ヶ崎】美しい姿勢を目指すパリジェンヌヨガに、自然の中のビーチヨガ オリジナルなヨガレッスンを提供

2017/11/17 18:13

パリの美しさに感動して生まれたオリジナルの「パリジェンヌヨガ」に、自然の中で行うビーチヨガやパークヨガ。独自のヨガの世界を切り開いているのが、湘南にある「Art de vivre 湘南 yoga studio 」だ。こちらでのユニークなヨガレッスンについて、インストラクターでスタジオ主宰の鈴木澄子さんにお話を伺った。

パリジェンヌのような良い姿勢を目指すオリジナルレッスン

−まず始めに、「Art de vivre 湘南 yoga studio」のコンセプトを教えてください
パリにちなんで、「パリジェンヌヨガ」を行っています。パリジェンヌヨガは当スタジオオリジナルで、パリジェンヌのように姿勢を良くし、美しい後ろ姿をめざすレッスンです。レギュラーレッスンでは初心者~上級者にあったレッスンを揃えています。またその他に、月礼拝、骨盤ヨガ、ピラティスなどもあります。茅ヶ崎の土地の魅力を活かし、ビーチヨガやパークヨガなど自然の中で行うイベントも多数行っています。

-なぜパリにちなむようになったのでしょうか
旅行でパリに行った時に、その美しさに感動したことがきっかけです。まず、シックな街並みやお店のインテリアに惹かれ、生活スタイルや身の回りのものもパリ風にしたいなと考えるようになりました。また、歩いている人達が、皆姿勢よく颯爽と歩いているのが印象的でした。お年寄りや太っている人でも不思議と姿勢がいいと若々しくスラッと見えました。そこから姿勢というのはとても大事なんだなと気づき、パリジェンヌヨガを考えました。

-「パリジェンヌヨガ」はどのようなものか具体的に教えてください
背骨を緩める準備ポーズを10~15分、メイン立ちポーズを約30分~40分行います。メインの動きは、①姿勢を正すこと②背中を引き締めることの二つの目的があります。常に背骨を伸ばしながら、片足でバランスをとったり、背中を反らせたりします。足を後ろに蹴り上げて背中を締めるポーズが多くあります。合わせて腕もなめらかに動かします。ヨガのポーズというよりバレエの動きに近いです。

自然の中で五感が研ぎ澄まされる、ビーチヨガやパークヨガも

-ビーチヨガやパークヨガはどのようなものでしょうか
ビーチヨガは辻堂海岸で行っています。砂浜にマットを敷き、海を目の前にゆったりとしたヨガを行います。パークヨガは辻堂海浜公園の芝生広場で行います。風や潮の匂いや太陽の光を感じながら行うヨガは格別です。普段とは違う環境で気分転換はもちろん、新しい身体の発見があります。ただ、外で行うヨガは天気や気温に左右されるので難しいです。夏は早朝や夕方に行ったり、雨の場合はスタジオレッスンになるので人数振り分けを事前に考えるなど準備が大変です。先日のビーチヨガは早朝にもかかわらず日差しが強くて日光浴状態になってしまったので早めに切り上げました。ですがお客様は、早起きして身体を動かしたのでその後の一日を快適に過ごせましたと言ってくれました。

-通常の場所でのヨガレッスンとはどんな違いが生まれますか
自然の中で行うことで五感が研ぎ澄まされて、直観力やひらめきが豊かになります。余計な物から解放されるので、より自分自身と向き合える気がします。ヨガで得られる、心と身体をつなぐことがより実感できると思います。また、イベントの際はヨガ後に食事会を開催しているのですが、それがお客様同士のコミュニケーションの場となっています。初めての方や生徒さん同士で仲良くなって、よりヨガを好きになってもらえるきっかけとなっています。

−澄子さんにとってのヨガの魅力を教えてください
一番の魅力はがんばらずに自分のペースでできるということです。以前OLをしていた時に何か運動をしなくてはと思いました。もともと運動が得意ではなく、こんな私でもできるものは何かと考えた時に出会ったのがヨガでした。ヨガはマット一つでいつでも1人でできます。人と争うこともなく、いつまでにこれができるようにならなければだめという規制もありません。その時の自分の体調や心の状態にあわせて好きなようにできるのが自分に合っていると思います。健康維持はもちろん、引き締め効果や体幹トレーニングにもなるのも魅力です。

  •  
  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事のプレース
スポンサーリンク