【横浜】元祖トムヤムラーメンと本場のタイ料理が楽しめるタイレストラン

2015/11/04 14:44

みなとみらい駅から徒歩2分。横浜ランドマークプラザの中にある「ティーヌン横浜ランドマークプラザ店」は、本場タイ人スタッフが作るタイ料理と、日本人向けに作られた人気メニュー「元祖トムヤムラーメン」が堪能できるタイ料理店だ。キッチンスタッフはもちろん、ホールスタッフも殆どがタイ人のため、店内ではタイ語が飛び交っているという同店の本社広報部、渡部 由香さんにお話を伺った。

タイ出身のスタッフだからこそ届けられる、タイ本場の味と雰囲気

−お店のコンセプトを教えてください
本物の味を追求し、伝統の味である「トムヤムラーメン」を筆頭に、美味しい本格タイ料理をお届けすることをコンセプトとしています。キッチンスタッフは全員タイ人で、本物のタイ料理を提供しています。また、ホールスタッフもほとんどがタイ人ですので、店内ではタイ語が飛び交っています。

伝統の味「トムヤムラーメン」

−いくつもあるティーヌンの店舗のなかでも、“横浜店ならでは”という特徴はありますか
横浜店のあるランドマークは「大人が集う新感覚の溜まり場を作る」ということがコンセプトでした。従来のティーヌンは屋台スタイルでカウンター中心の店舗がほとんどでしたが、横浜店はランドマークのコンセプトに沿うように、お酒も似合うような店作りを心懸けました。よって、横浜店は屋台形式である他のティーヌンとは一味違うお洒落な空間であるのが大きな特徴です。

夜に来たくなるような店内

屋台のような雰囲気も

−タイのお客様に特に人気のあるメニューは何ですか?また、日本人との好みの違いはどんな点ですか
タイの方は日本のお客様よりもより辛い食べ物を好まれるので、辛さがダイレクトに伝わるソムタム(青パパイヤのサラダ)などがお好きなようです。中に入れる唐辛子の数を指定して、好みの辛さを作ってもらったりしています。日本のお客様には、ガパオ&グリーンカレーが両方味わえるランチセットが人気です。ちなみにタイ人はガパオ&カレーを一度に食べたりはしません。

本場の辛さ ソムタム

日本人に人気のガパオライス

グリーンカレー

生春巻きも日本人にとって親しみやすい

試行錯誤して作り上げた、日本人向けの“元祖・トムヤムラーメン”

−元祖トムヤムラーメンのスープや具、味や辛さの程など特徴を詳しく教えてください
トムヤムクンスープ自体は甘目の味付けですが、ティーヌンの元祖トムヤムラーメンは酸味を好む日本人に向けて作った味ですので、甘味は少なく、酸味を強く感じることができます。食べている間にも飽きを感じず、最後の一滴まで飲み干してしまうお客様も多いです。アラカルト料理では、チャーシューか海老のトッピングを選択出来ます。モヤシのシャキシャキ感がパンチのあるスープと良く合います。

エビのトッピングもタイらしさが出る

*−トムヤムラーメンが誕生するまでをお聞かせください
ティーヌンのトムヤムラーメンは日本で初めて23年前に早稲田の地で生み出されたオリジナル商品で、株式会社スパイスロードの創業者である涌井征男が創り上げた渾身の逸品です。23年前、トムヤムクンスープに出会った涌井が、辛みの中に酸味、甘味が調和され、絶妙なバランスにハーブが加わるタイ料理の奥深さに感動し、「この美味しいスープをもっと気軽に、より食べやすく、進化した形でお客様に提供してみたい」と、トムヤムラーメンを作ることを決意し、試行錯誤を重ね日本人に合うオリジナルスープを完成させました。

*−トムヤンクンスープはセンレック麺で食べるのがポピュラーだと思うのですが、「元祖トムヤムラーメン」はタイ人の方からどのような反応がありますか *
前述したように、日本人向けに酸味を効かせているので、タイ人の方には酸味が立ち過ぎているように感じるようです。卓上に置いてある砂糖(グラニュー糖)を入れて、自分で味の調節をして食べている姿をよく見かけます。ちなみに、麺の種類はバミー(中華麺)もしくはお米の麺(センレック、センヤイ)の中から選んでいただくことが出来ます。

本場タイ人のお客様にも喜んでもらえるような「本物」の味にこだわる

−日本で特に入手が困難な食材や調味料などはありますか?また、ティーヌンでしか食べられないメニューなどはありますか
現在、輸入が禁止されている食材がありますが、国内で調達をしたり、台湾など他の国から代用品を輸入して使用しています。また丸ナスやパクチー等の輸入は出来ませんが、国内の農場で代わりに生産してもらい使用しています。「ティーヌンならでは」といったメニューは特にトムヤム餃子になります。秘伝のトムヤムペーストを餃子の具に練り込んだトムヤム餃子は、弊社のオリジナル商品です。

タイ料理の定番 トムヤムクン

−お客さんに喜ばれたことなどのエピソードがあれば教えてください
タイからのお客様がご来店されると、当店のタイ人スタッフとの間に自然と会話が生まれ、和やかな雰囲気となります。ちょうど私たち日本人が海外旅行先で日本人の店員さんにお会いした時のように、タイからのお客様にも大変喜んで頂いております。店の内装も、タイの屋台のイメージで、タイの方に限らず、多くのお客様に喜んで頂いております。また、調理をタイ人スタッフが担当していることもあり、本場タイからのお客様からも「美味しい」とのお声を沢山頂けることは、私達スタッフにとっても大変喜ばしいことで、とても有難いことです。

タイ出身のスタッフが本場の料理を作る

タイ人スタッフも一押し!

−お客さんにはお店でどのような体験をしてもらいたいですか
開放的な店内は楽しいタイ文字の看板やタイ雑貨で飾られ、まるでタイ旅行へ行ったような空間です。お越しいただいた皆様に、カジュアルな店内でリラックスできる時間を楽しんでいただきたいです。また、お料理では、タイから輸入出来る材料は輸入するなど、本物のタイ料理の味にこだわっています。タイ人シェフが心を込めてお料理をお作りしていますので、本場のタイ料理を是非ご堪能ください。

元祖ティーヌンのマーク

タイの街を彷彿とさせる

お店の内観

お店の外観

  •  
  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事のプレース
ティーヌン 横浜ランドマーク店
神奈川県横浜市西区みなとみらい2-2-1 ランドマークプラザドックヤードガーデンB2
詳しい場所を確認する
スポンサーリンク