秋こそ行きたい紅葉を楽しむ秋旅

2016/09/13 10:14

気候が落ち着く秋は、旅行へ出かけるにはとてもいい季節。温泉にゆっくり浸かり日頃の疲れを取る、旅先の美味しい食べ物に舌鼓を打つなど、様々楽しみ方が出来ます。ですが秋こそ行きたいのが紅葉を楽しむ旅です。

紅葉は鑑賞だけでも楽しめますが、ハイキングや温泉を合わせておでかけすれば、ぐっと旅が充実したものになります。紅葉狩りと合わせて行きたい秋のアクティビティを5つ紹介します。

紅葉に染まる山でハイキングする

紅葉を眺めながらハイキング。落ち葉によって山道までも黄色や赤に染まり、幻想的な景色が見られるかも。赤や黄色に染まる草木に囲まれながら深呼吸して、体も心もリラックスしましょう。

【おすすめスポット】
筑波山

筑波山は日本百名山にも選ばれている山で、西側の男体山(標高871m)、東側の女体山(標高877m)からなる山です。ハイキングコースは、スタート地点別に6コースあり、長時間歩かなくても、ケーブルカーやロープウェイを利用すれば山頂まで無理なく行くことが出来ます。
紅葉は、例年10月の下旬頃から山頂より徐々に色づき始め、見頃は11月初旬~中旬です。
11月に入りますと「筑波山もみじまつり」が開催され、毎年賑いをみせます。

住所:茨城県つくば市筑波1番地
アクセス: 常磐自動車道土浦北IC、または北関東自動車道桜川筑西ICから約40分、つくばエクスプレスつくば駅からシャトルバス、ロープウェー
詳しい場所を確認する

のんびりと温泉に浸かって紅葉を眺める

ゆっくりと温泉につかりながら紅葉を眺める。これぞ贅沢な紅葉狩りですね。紅葉が観られる温泉地は数多くあるので、露天風呂から紅葉を鑑賞して日々の疲れやストレスも吹き飛ばしましょう。

【おすすめスポット】
白馬ハイランドホテル

スキーの名所としても有名な長野県白馬村にある、露天風呂付きのホテルです。秋の終わりには早々に初雪が降り、初雪の白、紅葉の赤、針葉樹の緑の三色からなる「白馬三段紅葉」が見られるのです。自然が織りなす景色は、秋こそ見られる感動の絶景です。

住所:長野県北安曇郡白馬村北城21582
アクセス:中央道安曇野ICより車で60分/JR大糸線白馬駅より徒歩20分またはタクシー3分
詳しい場所を確認する

紅葉に囲まれて、秋の味覚を堪能する

松茸や栗にブドウ、サンマや鱧など、「食欲の秋」と言われるほどに秋に旬をむかえる食材はたくさんあります。そんな秋の味覚を紅葉の景色を眺めながら楽しむ、贅沢な紅葉狩りです。

【おすすめスポット】
京都 嵐山温泉 渡月亭

紅葉の名所である渡月橋のすぐそばに建つ料亭旅館。もみじや柿をあしらった小鉢や、松茸の香りがすっと抜ける松茸の土瓶蒸しなど秋の特別な料理が頂けます。紅葉に染まる嵐山を眺め、目や味覚で秋を味わいます。

住所:京都市西京区嵐山中尾下町54-4
アクセス:嵐山駅から徒歩約7分、嵯峨嵐山駅から徒歩約15分
詳しい場所を確認する

紅葉のライトアップでロマンチックな夜を過ごす

紅葉をライトアップしているスポットもたくさんあります。秋の宵をロマンチックな気分で過ごすには、紅葉のライトアップを眺めつつ、食事や散策するのはカップルにもおすすめです。ライトアップの紅葉を観に行くときには、夜は冷え込みますので、コートを着るなど暖かい服装でお出かけください。

【おすすめスポット】
六義園

大名庭園としての美しさが有名な、東京都文京区にある六義園では、今年で16回目となるライトアップを行います。期間中は日没から21時までライトアップをしており、鏡のように水面に映る紅葉の美しさはこの時期にしか見られない絶景です。川の水の流れを光とミストで表現した「水香江」など、単なるライトアップだけではない見所もあります。紅葉を見ながら抹茶や和菓子を楽しむこともできます。

住所:東京都文京区本駒込六丁目
アクセス:JR山手線・東京メトロ南北線 駒込駅から徒歩7分、都営地下鉄三田線 千石駅から徒歩10分
詳しい場所を確認する

紅葉を楽しめるパワースポットを巡る

神社や仏閣などパワースポットにも紅葉の見所が多くあります。神聖な空気の漂う神社仏閣で身も心も落ち着けてお参りをし、紅葉を楽しみましょう。

【おすすめスポット】
貴船神社

京都府洛北エリアにある貴船神社は、縁結びのパワースポットとして若い人たちにも人気のある古社です。貴船神社一帯は、京の奥座敷と呼ばれ夏は避暑地、秋には紅葉の名所として有名です。11月に入ると「貴船もみじ灯篭」が開催され、行灯が並べられた参道と赤く燃える紅葉はよりいっそう幻想的な雰囲気を醸し出します。

住所:京都府京都市左京区鞍馬貴船町180
アクセス:叡山電車貴船口駅からバスで5分
詳しい場所を確認する

紅葉おすすめの旅先

紅葉狩りの旅行へ行くならば、しっかりと見頃を押させていきたいところ。北海道や東北など北は10月初旬から、南は11月中旬から見頃を迎えます。ただ、南側にあっても山間部であれば紅葉も早いので注意です。

北海道・東北地方

 
定山渓温泉(例年の見頃:10月中旬)


札幌から程近いところにある紅葉の名所で、エリア一帯の紅葉を見て回ることのできるバスに乗って巡るのがオススメです。温泉は日帰りも宿泊プランもあります。
詳しい場所を確認する

十和田湖(例年の見頃:10月中旬)


青森と秋田の両県にまたがる湖、十和田湖は10月中旬から下旬にかけて湖を囲む自然が黄色、緑、赤の三色に色付きます。湖の深い青とカラフルな森の織りなす景色は思わず写真を撮りたくなる美しさです。
詳しい場所を確認する

 

関東・甲信越地方

 
日光(例年の見頃:10月初旬)


関東で紅葉の名所と言えば栃木県・日光。日光東照宮の周辺から中禅寺湖周辺の奥日光にかけて色づく時期がずれ、9月下旬から11月中旬の長い期間紅葉を楽しむことができます。

河口湖(例年の見頃:11月中旬)


河口湖の北側にある梨川周辺にはもみじ回廊と呼ばれる、約60本のもみじが並ぶエリアも。
2016年は、11/1から23の間に開かれる富士河口湖紅葉まつりではもみじのライトアップも行われています。
詳しい場所を確認する

 

東海地方

 
香嵐渓(例年の見頃:11月中旬)


愛知県香嵐渓は、中部エリアでも随一の人気を誇る紅葉の名所です。江戸時代に和尚さんが手植えしたと言われる紅葉や楓は、約4000本もあり、一気に紅葉する姿は見事。つり橋から見る渓谷と紅葉の景色もオススメです。
詳しい場所を確認する

奥飛騨温泉郷(例年の見頃:10月下旬)


奥飛騨温泉郷とは、岐阜県高山市にある5つの温泉地をまとめて呼ぶ名前です。見頃は10月上旬から下旬で、温泉から見る紅葉や、ロープウェイから見下ろす紅葉の山々もオススメです。
詳しい場所を確認する

 

関西地方

 
比叡山(例年の見頃:10月下旬)


滋賀県の比叡山は、平地よりも秋の訪れが早く、山頂から麓にかけて11月の一ヶ月の間紅葉を楽しむことができます。厳かな寺院と紅葉の織りなす景色や、門前町の坂本、比叡山までのドライブウェイや叡山ケーブルからも紅葉を楽しむことができます。
詳しい場所を確認する

嵐山(例年の見頃:11月下旬)


京都の嵐山は京都の中でも一 二を争う紅葉の人気スポット。11月中旬から12月上旬が見頃です。桂川と渡月橋に生える山の紅葉もよし、神社やお寺の庭園で楽しむ紅葉もよし、です。
詳しい場所を確認する

 

中国地方

 
宮島・紅葉谷公園(例年の見頃:11月中旬)
広島県にある宮島の紅葉谷公園は、その名にもなったもみじや楓が約700本もあり、秋の宮島観光には外せないスポットです。見頃の11月中旬から下旬にかけては、朱色の橋に負けない燃えるような赤を楽しむことができます。
詳しい場所を確認する

 

四国地方

 
寒霞渓(例年の見頃:11月中旬)


香川県小豆島にある渓谷で、火山活動によって形成された岩と山が独特の景観を作り、日本三大渓谷美の一つにも称されています。一面紅葉のロープウェイからの景色を楽しんだ後はハイキングがオススメです。
詳しい場所を確認する

 

九州地方

 
御船山楽園(例年の見頃:11月中旬)
佐賀県の大名庭園として有名で、秋にはもみじの赤が庭園に彩りを添えます。楓群が密集するエリアや、樹齢170年の大モミジは圧巻です。
詳しい場所を確認する

くじゅう連山(例年の見頃:10月下旬)


九州でも有名な紅葉スポットです。10月から11月の紅葉シーズンの登山は、歩きながら標高ごとの色づきの違いを楽しめます。ピーク時には一面に赤いじゅうたんが広がります。

 

終わりに

四季のある日本だからこそ味わえる紅葉の美しい風景。それぞれに魅力のある紅葉スポットを旅してみませんか?

  •  
  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク